Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

この程度の損傷状態でしたらバンパーでリフレッシュを

★Blog(ブログ)

お客様から「この状態でもバンパーが装着できますか?」というご質問だったのですが、全体画像を見渡しても傷は多いのですが変形自体は見受けられなかったため、そのままEDGE_LINEが装着できました。何より随分やつれていたXperia_Z2がバンパーでほとんどの傷部分を覆ってしまい、新品のようになったと嬉しいお言葉をいただきました。
多くのお客様が保護のためにバンパーを装着されるなか、逆に傷隠しにご利用いただくという反対の動機となりますが、もちろんそのようなリフレッシュ用途にも最適でございます。

画像の下側は電源ボタン部分ではありますが、その回りのリングも取れてしまっています。正確には把握しておりませんが確かこの部分ははまっているだけの部品なのでこのように裸使用ですと外れてしまうことも納得できます。またカラーも上下ボリュームボタンと本体カラーで比較してかなりのムラも生じてきております。
スマートフォンは進化の激しいものですが、最近のモデルは2年後でも十分現役使用できるものが多いので、どうぞ保護の観点は怠らないよう対策していただければと思います。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP