Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

こんな時代でも図面は必要です。

★Blog(ブログ)

最近では3Dプリンター、CADもどんどん進化して、「ものづくり」の間口が広がっているようには思えます。しかしながら、カタチにするまでは早くなってきましたが、実際の商品となるとそうそう簡単ではありません。当インフォメーションでは3D画像を多く利用しますが、加工現場では今でも平面図を使います。意外に知られておりませんが、全てのバンパーなどの商品は図面化してから試作や生産に入っていきます。

161014

こちらはバンパーの一部の部品図ではありますが、部品ごとに必要にはなりますので、一商品を造り上げるまでには、こういった平面図が何枚も必要になっております。将来的には加工現場で3Dからチェックできるような仕組みは確率されていきますが、現時点においてはアナログ的な部分も多々あります。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP