Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

カーボン風のバックパネル

★Blog(ブログ)

水圧転写にて制作したカーボン風のバックパネルサンプルです。

残念なことに、厚みが増してしまい取り付けができない結末に…
クリアパネルへの加工であったため、下地のブラック塗装→水圧転写→表面コーティング(塗装)となり、素材の0.7mmの厚みは1mmとなってしまいました。

結果として厚すぎてアルミケースに挿入できないといった感じです。これを実現するには素材の厚みを下げ、素材色自体も黒にしなければならず、ちょっと現実的ではなくなってしまいました。
なかなか難しい状況が続いてますが、もう少し色々と試して行きたいと思います!

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

“カーボン風のバックパネル” への4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    早く商品化してほしいですね
    出れば購入したい

    • alumania より:

      コメントありがとうございました。
      現時点ではどの方法においても、歩留まりと品質、価格面においても、とても販売できるレベルではないため、他の方法を模索しています。試作を繰り返しておりますので時間が掛かっております。

  2. 匿名 より:

    カーボン風とかでなく、ブラックのラメ風にしたら
    厚みはどうなるのでしょうか?

    • alumania より:

      コメントありがとうございます!
      ラメの仕上げもクリアーに混ぜたトップコートによる塗膜が生じてしまうので、水圧転写は諦めて今は直接印刷を試しています。リアリティーが半減しますがカーボン風には出来そうです!

PAGE to TOP