Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

ゴールドエンブレムの素材

★Blog(ブログ)

Z用の特別色「シャンパンゴールド」に本当に多くのご注文をいただき誠にありがとうございました。
本日より出荷を開始致しますが、現時点で受注メールが届いていらっしゃる方には本日中の出荷となります。また、明日までには現時点でご注文された全ての方へ出荷の準備が整いそうです。今しばらくお待ちください。

今回特別に作ったゴールドエンブレムですが、この素材は「真鍮」になります。本物の金(ゴールド)でないことは皆様ご存知だと思いますが、金メッキや電化表面処理ではなく真鍮の素材色をゴールドとしています。一方通常に使用しているシルバーのエンブレムはステンレス製です。
本当に小さい物なのですが、この真鍮製はコストがステンレスの倍に到達します。どうぞ本商品をご利用に際にはプレミアムなゴールドエンブレムも併せてご堪能いただければ幸いです。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

“ゴールドエンブレムの素材” への8件のフィードバック

  1. のんちゃん より:

    真鍮で金色感出しているとは。。。流石です。
    メッキだと剥げてきますから(^^;)
    iPhone5s用のクリアバックパネル、技術的にシャンパンゴールド化(透明)というのは可能なのでしょうか?

    • alumania より:

      真鍮は少し光り方は鈍くなりますが、金塊に似た光沢しますので、あくまでもゴールド風ですね!
      シャンパンゴールドの半透明パネル、ちょっと難しいですねぇ。この質感はメタリックが絡んでいるのでパネル樹脂に混ぜ込んでも半透明化が綺麗にできないような気がします。塗装なら質感出せるのですが半透明ができないですし、カラー蒸着メッキでは薄い金メッキの方向に向かうようになってしまいます。商品化は別として可能性があるのか探ってみます!

  2. のんちゃん より:

    よくあるサングラスのプラスティックレンズで透明なのに表面が金色ががってるものや銀色がかってるもの(←持ってます)のようにバックパネルも表面処理できるのかな?なんて素人考えで、、、、
    ご多忙中なのに個人の意見で迷走させてしまいまして大変申し訳ありませんm(__)m

    • alumania より:

      サングラスなどのハーフミラーが「蒸着メッキ」と呼ばれる表面処理方法になります。これはメッキに色が混ざるような感じでシャンパンゴールドの黄色やオレンジの色にしていくと結果的に金色メッキの仕上がりになってしまいます。シャンパンゴールドと質感を合わせる条件だとすると良い手法ではないということになります。
      また、蒸着メッキは主に樹脂へのメッキ方法です。液体に漬けるメッキとは違うため、生産条件がシビアで不良率も発生するため歩留まりを含めた大量生産となってしまいがちです。ちょっと詳しくなりすぎたかもしれませんが、アルミケースのシャンパンゴールドの質感が素地のアルミを透過して成り立っているため他の素材で色を合わせるのは一癖ありますね!

  3. のんちゃん より:

    詳しくご説明ありがとうございます。
    素人でも何となく分かったような気がします。(^^;)

    • alumania より:

      本件あいのりさせていただいて、本日のインフォに記載してみました!画像があるのでさらにご理解いただけるのではないかと思います!どうぞご覧ください。でも難しいです…(^^;)

  4. X君 より:

    今日届きました。

    上品なゴールドでとても気に入りました(^.^)

    ゴールドエンブレムも素敵です☆

    とても満足です(^-^)/

    Z1の購入は見送りましたがヘッドフォンキャップかっこいいな(´・ω・`)

    バンパーつけたまま充電できるみたいだし。

    悩む(´・ω・`)

    • alumania より:

      気に入っていただいてありがとうございます!
      Z用でシャンパンはあまり他社商品でも少ないので、もっとプレミアムな感じがでたようです!エンブレムもシルバーでも良かったのかもしれませんが、ちょっとこだわってみました♪どうぞ末永くご利用ください!

PAGE to TOP