Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

チタンボルトのメリット

★Blog(ブログ)

現状、機械加工できる強度順の素材で言えば「チタン」が真っ先に浮かぶことになります。用途別に最適な素材は浮かぶわけですが、チタンは軽くて強度も高く腐食性に優れているなど良いところばかりに感じるかもしれませんが、逆に加工しにくく素材自体が大変高価であることで、どうしても用途が限られやすいものになります。そのためボルトで利用されることが多いものではあります。

160411

当社バンパーにはチタン製スクリューなどは利用していませんが、仮に軽さの限界を追求して行くことや、強度が保てない箇所に必要とあればチタンを利用することも可能ですが、現状の商品ラインナップからしても今のところは予定がありません。チタンは本当に硬く加工が容易ではないため、素材自体だけでなく加工時間も含めてチタンの加工品は本当に高い代物になってしまいます。その分の効果がハッキリと見出だせる様な商品(部品)にならなければチタン製である意味が持てない素材とも言えます。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP