Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

ドライカーボン用のカーボン素材

★Blog(ブログ)

最近の更新内容が商品についてばかりでしたので、少し違った内容をと思いまして、カーボンについてご紹介したいと思います。スマホ用のカーボン製カバーもあるので見たことがある方も多いと思いますが、成形する前のカーボン素材状態はシート上になっています。
市販のカーボン製カバーは生産方法が「ウェット」であることがほとんどのため、画像のカーボン素材が「ドライ」用なので、実際は異なりますが、見た感じは似たようなものです。

150820

・ドライカーボン
型に貼りこんで、高温高圧をかけて素材の樹脂分を取り除いて成形します。超軽量ですが柔軟性が低く、手作業であり手間がかかるため、大変高価になります。やはり、航空機やレースカーなどの目立たない内部の部品(ダクト)などには大変適しています。

・ウェットカーボン
FRP同様に素材に樹脂を染み込ませて固めます。樹脂で覆うため表面は鏡面にも仕上げられ、商品的な見た目が綺麗にし易いです。ドライに比べ生産は簡単ですし、カーボンの素材で模様も変えやすく柔軟性も高いものができます。

どちらの方法でも、各々の特徴があり一長一短です。ただ、スマホのケースで商品とする場合には圧倒的にウェットが適しています。本当の意味で違いが分かるこだわりの方でしたらドライカーボン製を望むかもしれませんが、非常に高価なものになりますね。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP