Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

内面の各ボタン用仮抑えテープについて

★Blog(ブログ)

ボリュームボタンなどへ削り出しボタンを内蔵しております、現在のEDGE_LINEシリーズには、これを抑えるための仮抑え用の(黒い)テープを商品に貼ってから発送させていただいております。
しかしながら、粘着が若干弱いことと貼付ける範囲の加工エリアも限られ、商品到着時に剥がれてしまっている場合がございます。場合によってはボタン自身が外れてしまっている場合もございます。ほとんどの場合は商品箱内に落ちているケースが多いため、一旦お問い合わせの前に、商品箱内に部品が落ちていないかご確認ください。

現時点では粘着が強く追従性の高いテープが手配できずにおり、暫定的にこのテープを使用しております。
本来は商品の構成品として商品には組み込まず、別部品梱包してお客様に組み込んでいただいく予定でしたが、装着の利便性を配慮して商品状態でテープを貼らせていただいております。

そのため、あくまでも「仮抑え」のテープとしてお考えいただき、剥がれかかっている場合は装着前に一度指で押してください。テープは特殊なものではなく、抑える用途だけなので、実際はセロテープなどでも代用は可能です。どうぞご理解とご協力をお願い致します。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

“内面の各ボタン用仮抑えテープについて” への6件のフィードバック

  1. つっし~ より:

    仮押さえテープとの事で本体に装着すれば問題無いのかも知れませんしセロテープでも代用可能との事ですが、本来貼る予定だった”粘着が強く追従性の高いテープ”に買ったユーザーが張り替えるなら何を市販品で貼れば良いのかお教えて下さい。

    • alumania より:

      現時点では最適な素材は見つかっていないというのが実情です。モデルごとに大きさが異なりますし、専門業者なら素材が選べるのですが、量産という観点で生産依頼できるような大きさがありません。代用品として粘着性が高いのは「メンディングテープ」と呼ばれる半透明で文字が書けるテープがホームセンターで300円前後で購入できます。事務用品です。
      追従させようとすれば、熱をかけないとなりませんが、(ドライヤー)ヒートガン等で熱するとテープは追従してもアルミは膨張率が高いので冷めた時に微妙に変形しますので、これも不可です。
      抑えるだけなので、実際はテープが無くても構いませんが装着しにくいですし、直接アルミボタンが本体ボタンと接触することになるので、何かで代用していただくことをオススメします。

    • つっし~ より:

      回答ありがとうございます。何かの拍子に落とすかもしれないのでその前に替えとこうと思います。そして早速バンパーのビレットネジ!いつの間にか落として紛失してしまいました。落としそうだとは思ってましたが一週間たたずに落とすとは、自己嫌悪です。たまにまし締めもしてたはずなんですが、バンパー買うとき予備も買っておくべきでした。スイッチボタンはいつの間にか落ちると言う事は有りませんがポロッと落として紛失した場合ってボタンだけ買えるのですか?

    • alumania より:

      サイドスクリューは、時折落としてしまう方がいらっしゃいますね。
      締め付けの規定トルクなんて測れるものはありませんし、外れないほどの締め付け強さというのは感覚に頼る部分にもなっているのが実情ですね。
      各種のボタンは基本的にバンパーを外すことが無ければ外れることは絶対ありません。しばらく使用されればテープもフィットして粘着するパターンが多いのでシビアにならなくても大丈夫かと思います。仮に紛失した場合は個別で対応させていただいておりますので、直接お知らせください!

  2. Toshi より:

    やっぱり同じくスクリューを無くす方いたんですね。
    私は届いた次の日に1日出かけた際に右側のスクリューが無くなってたことに気付きました。。。

    しょうがないので、ストア内でスクリューの単品を見つけ、今後もありそうなので2セット購入しておきました。

    これから届く方もすでに使っている方も、スクリューの締め具合には注意して使うようにするとよさそうですね。

    片方だけ締めた状態でもぐらつきはほぼ無いので届くまでの支障は無いようでした。

    • alumania より:

      スクリューについては締め付けの強さが感覚的なものにもなるので、商品ご利用の最初の時期は頻繁にご確認いただいた方が良いかもしれません。
      あまりに強すぎても外しにくくもなりますし、ネジ穴の破損も怖いという心理的な部分も関係しますので、初期の段階ではご注意ください!

PAGE to TOP