Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

切削加工のプログラム言語Gコード

★Blog(ブログ)

マシニングセンターで加工する場合はプログラムによって制御します。
簡単に言うと、G01:直線(切削)移動、G02/03:曲線(切削)移動のGコードの後に座標をXYZで指定し、そこまで削るというようなプログラムになります。簡単な物を切削する場合は手作業でも充分プログラムを作ることはできますが、3次元加工となるとコンピューター(CAM)の力を借りるしかありません。

Gは主に切削時に関するコードで、その他、主軸を回転させたりツールを選択するMコードでプログラム自体は構成されます。
画像のものはEDGE_LINEの切削プログラムではありませんが、3次元的になると解像度合いにもよりますが、このように座標が永遠と書き出されたものがプログラムとして出来上がります。機械なのでプログラム通りにしか動けないといえばそうなのですが、これほどの指示を忠実に動いてくれると愛着が湧いてしまうものです。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP