Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

迫力の旋盤チャック

★Blog(ブログ)

画像は正しくは複合機のチャック(切削物を掴む部分)になります。複合機と呼ばれるものは旋盤という丸いものを中心に加工できる機械の種類に属します。その旋盤自体は機械そのものは違いますが加工対象物によって木工にもあります。「こけし」は木工の旋盤加工品の代表するものではないでしょうか。

170802

加工物を掴むチャックは、加工する対象物の大きさや企業ごとのノウハウにもよりますので一概に言えるものではありませんが、20kN前後で掴みます。これは約2,000kgの力となり、一般的な男性の握力が50kgだとすると40倍となります。ちょっとそんな力で掴まれることは想像もできません。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP