Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

飛散防止処理をしていないと(ガラスフィルム)

★Blog(ブログ)

先週末の当インフォの続編的にはなりますが、ちょうど飛散防止処理を行っていないガラスフィルムサンプルがあったので比較のためにも割ってみました。厚みが0.2mmだったため、やはり簡単に割れてしまいました。
ご覧のように割れ方が粉々になります。「飛散防止加工あり」の場合は力がかかった所から外に向かって割れていましたが、こちら(加工なし)は割れが止まること無く全体が無作法に割れてしまいました。こうなってしまうと大変危険ですし、割れた時には1枚1枚の欠片を取り除くという大変な作業になってしまいます。

ガラスフィルムの厚みは、このようにコーティング、糊や飛散防止処理などによって表記が0.4mmですと、実寸では0.6mmくらいになっています。あくまでも0.4mmなどの表記はガラスそのものの厚みでありますので商品の実寸厚みとは異なります。

・お問い合わせについてのお願い
現在GWの影響か、大変多くのお問い合わせやご注文内容の確認、変更などで処理とご返信に時間を要しております。ご回答までに少々お時間がかかっておりますので何卒ご了承のほど宜しくお願い致します。
また、依然docomoのメールアドレスが多いのですが、キャリアでの設定によって当方からのお知らせが受信できないケースが多々あります。いくらお返事させていただいていても、設定を変えない限り受信はできません。当方でも受信できたかどうかは確認できる方法はなく、お客様側でキャリアでの受信設定を変更するか、お問い合わせにおいてもPCアドレスをご利用いただくようお願い申し上げます。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

“飛散防止処理をしていないと(ガラスフィルム)” への2件のフィードバック

  1. ハラハラ より:

    これは怖いですね。

    一部のXperiaユーザは標準のフィルムを剥がしてしまう人もいるようですがこの記事を見て一人でも剥がすのを辞める人が増えるといいですね。(まぁ、剥がしてしまったものを戻すのは無理に近いですが)

    • alumania より:

      ガラスは重いので薄めにしたいところですが、薄いガラスはかなり簡単に割れやすいのでオススメしないです。やはり最低でも0.3mmは確保したいところでして、0.4mmもあればかなり安心できます。

PAGE to TOP