Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

メッキモデルの商品化は難しいです。

★Develop(開発情報)

アルミの表面にもクロームメッキは可能です。但し、一般的な方法では耐久性に乏しく、ひび割れからの剥がれが徐々に生じてしまいます。特に常に手に触れるスマートフォン用の商品としては一部でも剥がれが生じると、指に細かいメッキが刺さって大変危険です。耐久性を完全に保てる方法のクロームメッキもあるのですが、とてもではありませんが現実的に販売できる価格にはなりません。

170201

一方、ニッケルメッキという方法でしたら、耐久性は高く色もブラックメッキのような仕上がりになります。昨今では自動車のグリルなどでも多くなっているような色ですが、あちらは真空蒸着なので生産方法が違います。しかしながら、ニッケルメッキの場合はヒビ剥がれは生じないのですが、色落ちが激しくなります。画像は約半年使用したものではありますが、これでは商品としては成り立ちません。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP