Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

本体の取り込みが完了してバンパーの設計に入っていきます。

★Develop(開発情報)

ここが何よりスタート地点とも言えますが、バンパーの設計に入るためには本体の形状を作っておかなければなりません。設計にはCADと呼ばれるコンピューター上に3次元で描いて作成していきます。スマホの場合は、本体形状がシンプルなので取り込みは簡単な方ですが、商品が金属加工品となるため、マイクロ(1/1000mm)単位で本体測定を厳密に行っていくこともあります。ここで間違っていると完成する商品に影響するため最も気を使う部分とも言えます。

170620

もう一度見直しを行い、この本体形状に合わせてバンパーの設計に入って参りますが、XZ_PREMIUMは少しXZシリーズの中でも本体厚みが薄く、オプションのディスプレイボタンが使えない可能性も高いのが懸念しています。その場合はPREMIUM用に新たに設計したものを作ることになると思います。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

“本体の取り込みが完了してバンパーの設計に入っていきます。” への8件のフィードバック

  1. なかた より:

    いつ頃完成予定ですか?早く欲しいです(^_^)

    • alumania より:

      コメントありがとうございます!まだまだこれからといった段階なので、時期は未定となってしまいます。
      しばらくはこちらのインフォメーションで適時進捗状況はお知らせして参りますので時折ご覧下さい!

  2. 山田浩人 より:

    諸事情により、来月半ば以降の購入を予定しています。それまでに商品化されると嬉しいです。

    液晶面に、曲面部分も全面保護できるタイプのガラスフィルムを貼ろうかと考えていますが、ガラスフィルムとケンカしないような作りになるのでしょうか?もちろん貼るフィルムの厚みやメーカーによっていろいろ条件は違うでしょうが…。

    贅沢を言えば、バンパーとバッチリ合う全面保護タイプのガラスフィルムも作っていただくとありがたいです。さらに言えば、最近主流のソフトフレームタイプではなく、全面透明ガラスの立体フィルムがいいです。

    • alumania より:

      コメントありがとうございます!順調に進んでも商品化までには3ヶ月ほどは要しますので、まだまだ先になります。
      また、ガラスフィルムは現在のところ予定はしておりませんが、バンパーは基本的に本体のガラス面には被らないようにしておりますので、他社製品が取り付けできるようになると思います。

  3. 前田守 より:

    XZpuremiamu はZ5puremiamuより俄然良いですね全面まで光って高級感がある(笑)今からバンパー楽しみ。(^ー^)

    • alumania より:

      コメントありがとうございます!本体の仕上がりは上下のアルミパーツも質感高くて全体的に高級感がアップしていますね。ちょっとルミナスクロムはテカテカとかギラギラ感が強い気もしますが、鏡としては最高ですね!

  4. 匿名 より:

    バンパーと違う話なのですが、XZPではヘアライン合革レザー背面パネルは発売される予定でしょうか?

    • alumania より:

      コメントありがとうございます。背面パネルはバンパーの設計が完了してから検討して参ります。これはバンパーのサイズが最終的に決まらないと、背面パネルのサイズも決められないためで、その際に素材等も検討するため現段階ではレザーになるかなど未決の状況です、但し、何かしらの背面パネルは商品化していく予定です。

PAGE to TOP