Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

Xperia系ビレットスタンドの試作品

★Develop(開発情報)

アルマイト処理が完了して、現在、使用感を確認中の仮称「ビレットスタンド」です。
Xperiaではフルセグまで対応できることもあって、テレビ視聴をスタンド立てしてご利用いただく方が多いかと思いますが、アンテナケーブルがダラっとしてしまいスマートじゃありませんね。開発中のビレットスタンドではケーブルの先を収められるように本体に穴を設けてあるので、少しだけ行き場が出来てスマートになりました。

概ね予定通りの仕上がりで、今後使用感を基に細かい点を調整して行きます。商品になる時はもう少し印象が変わるかもしれません。
明日発売予定のZ1fとの兼ね合いも考慮して、調整を行い販売に向けて生産を開始する予定です!

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

“Xperia系ビレットスタンドの試作品” への14件のフィードバック

  1. DASHMAN より:

    いい仕上がり具合ですね。
    出来れば、EDGE LINE-BUMPERの装着の写真が見てみたかったです。

    • alumania より:

      まずはバンパーやケースなしでも使えるよ!ということで裸の画像にしてみました!近いうちには商品ページも公開できると思いますので、もう少々お待ちください!

  2. つっし~ より:

    あれ?自分のZ1(au)の付属のアンテナってケーブルスゴイ短いんですけど何か違う?5センチも無かった様な?

    • 横から失礼します。

      ウチもauですが、アンテナケーブルは短いです。
      どうやら、docomoとauで、付属のケーブルが違うみたいですね。
      我々au版Xperia Z1ユーザーは、アンテナケーブルを挿す穴の恩恵を受けることは出来そうにありませんね(^_^;)

    • alumania より:

      今回の「Z1f」も同じく短いタイプになってました!そのためなんとか短いタイプでも収められるよう位置出しを行っておりますが…ちょっと短すぎるかもしれません!

    • alumania より:

      docomoの付属品は長いですね!このタイプはドコモショップで「テレビモバキャスアンテナケーブル SO01」(¥1,600)お求めいただけます。
      とはいえ、新型の「Z1f」付属品はau版と同じような長さになってますので、短いタイプでもスタンドが対応できるよう再検討中です。少々短すぎて悩んではおります!

    • つっし~ より:

      docomoとauで違ったりしたんですね
      短い方はそんなに邪魔にもなりませんから
      長い方用と割り切っても問題ないのかもしれませんね

    • alumania より:

      スタンドとなる商品を正面から見た方向で左側に穴を設ければケーブル先端を収められそうですが…ケーブルの反発力が強くてもう少し長ければ!といった感じで検討中です!
      デザイン的には何ら変わらないので、もう少し検証が必要かなと思ってます!

    • ボクもつっし〜さんと同意見です。

      無理に短いのにも対応させるよりは、長い方専用でいいと思います。

    • alumania より:

      コストがかからない程度でできるかと思っていたのですが、ちょっと難しいかもしれません。優先順位は低くなってます!

  3. これまたなかなかいい感じですね。

    これもカラバリあるんでしょうか?
    あったとしても、全部パープルは芸がないので、シルバー系かブラック系が欲しいですね。

    ヘッドフォンキャップの色の件、ご回答ありがとうございました。
    商品が届くのを心待ちにしております。

    • alumania より:

      カラーについては5色程度は予定しております!Z1fと共通化することも必要なので少々変更が入りそうです!

  4. potatochips より:

    Z1fはNOTTV未対応なので、VHF帯を考慮しなくてもいいUHF帯用のケーブル(auもUHFだけでいい)なんでしょうね。
    ところで、アンテナ収納部は、左面でも届かないでしょうか?

    • alumania より:

      お詳しいですね!デジタルに変わってUHFだけになったものの、NottTVってVHFなんですね。知りませんでした!
      左側面にできそうだったのですが、長さが…もう少し長ければ穴だけで良かったのですが、ケーブルの反発が強くて収めるというよりは固定する構造が必要になってしまいそうです。そのためだけに複雑になってコストをかけるほどのことではないとは考えています!

PAGE to TOP