Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

Z3のオプションセンターフックイメージ

Xperia_Z3/C ★Develop(開発情報)

残念ながら、Z1やZ1fにはスピーカーが底面を占領しているためセンターフックが作れなかったのですが、Z2以降は底面に余裕があるためセンターフックの商品化が可能となりました。Z3も同様オプション品となりますがセンターフックを商品化します。ある意味こちらもSTREAM_LINEの着せ替えとは異なりますが、色違いを利用することでカラーの組み合わせとしても楽しめます。

Z2からスタイル的な変化はありません。むしろEDGE_LINEは今後も基本的なデザインは維持して参りますが、その中でもZ3で更に進化します。特にZ3以降ではサイドスクリューの変更が大きな点となりまして、現時点でオプション品で存在している「FINGER_TYPE_SCREW」のデザインを継承して更に正確な仕上げと機能を追加するよう進めております。こちらについては後日ご紹介致します!

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

“Z3のオプションセンターフックイメージ” への10件のフィードバック

  1. Xperia Z1からZ3に機種変更しました。
    ホワイトです。

    というわけで……待ってました!!

    Z3用EDGE LINEにはセンターフックも発売されるということで、本当にうれしいです。
    Z1の時に涙を飲んだわけですが、ようやく報われます……。

    あとは、どんなカラバリが発売されるかが楽しみです。

    期待しています!

    P.S.Z1用EDGE LINEは、Z1使用を継続する後輩にプレゼントするつもりです。

    • alumania より:

      最近のサイクルは本当に早いですよね!Z1でしたら全然現役バリバリな性能なのですが、やはりアルマニア製品をご利用いただく方はマニアな方が多いのか、多くの方がZ1からZ3に変更しているようですが、プレゼントにするにはちょっともったいないような…(^^;)
      カラバリはこれから検討していきますが、本体色などに合わせた特色は少しお時間がかかるため、まずはスタンダードの6色程度になる予定です。センターフックもできれば同時販売開始と行きたいところですが、少し遅れてしまうかもしれません。どうぞご検討ください!

  2. realtrast より:

    Z3 compact も是非センターフックの実現をお願いします。
    海外在住なんですが、almaniaさんのバンパー+センターフック+両面ミラータイプのガラスフィルムでmade in japanの凄さを見せつけてやりたいです。
    Z3無印は胸ポケ派の私には少し大きすぎてcompactを買ったものですので。
    よろしくご検討をお願いします!!

    • alumania より:

      コメントありがとうございます!Z3compactは全くの底面が利用できそうにないのでオフセットしたような形で実現できるのではないかと考えてはおりますが、まだ設計には入っていないので、今後の検討になります。また、今回のZ3にはガラスフィルム系の商品化は現時点では未定となっておりまして、まずはEDGE_LINE自身の商品化に集中しております。なんでも4機種(iphone6/plus/Z3 今後のcompact)が重なっておりまして…
      それでもZ3_COMPACTは比較的早めに商品化できるかとは思います。どうぞ宜しくお願い致します。

  3. mbooz より:

    Z3はいつころ発売予定でしょうか?
    シルバーグリーンも発売していただけますか?

    • alumania より:

      ご質問いただきありがとうございます。年内には販売開始できるよう進めてはおりますが、発売予定日は現時点で試作品を製作中でありまして、その結果次第となりますので未定ではございます。また、本体色に合わせたシルバーグリーンについては、特色となりまして商品化には調整を多く必要としますので、当面の予定はございませんので、何卒ご了承ください。

  4. たかやま より:

    SoftbankのZ3を予約しています。
    クレードル対応のバンパーを探していてたどり着きました。
    ビレットステーションも格好良くてぜひともZ3対応版が出たら購入したいと思っています。できるだけ早くリリースされますように。

    • alumania より:

      コメントいただきありがとうございます。softbank版のZ3につきましては、docomoとau版とは表記サイズが異なっており、商品化は未定の状態です。本体販売後に実サイズを確認してからとなり、やはりサイズが違えば専用モデルで商品化するなど検討します。どうぞご了承ください。

    • たかやま より:

      >softbank版のZ3につきましては、docomoとau版とは表記サイズが異なって

      ……え、そうなんですか……。ってことは、御社のパンパー以外でも、すでに発売されているZ3対応のケースやバンパーは使えない可能性があるということなんですね……。驚いたと同時に、非常にガッカリしています。

    • alumania より:

      ソニーの公式ページにおいては、
      docomo/auが約146㎜×約72㎜×約7.3㎜に対し、
      softbankは、約147㎜×約73㎜×約7.4㎜となっております。
      シリコンケースや、樹脂素材のケースでしたら1mm違っても、きつくはなるものの吸収できる範囲だと思いますので、市場の特殊な商品を除きほとんどが共通で使用できるものと思います。
      記載のサイズは小数点以下を四捨五入している場合もあり、実際のサイズが分かりませんので正確には申し上げられませんが、当社のEDGE_LINEでは1mm違えばまず装着はできないものですので、対応品はsoftbank専用品で作ることになってしまいます。いずれもデーターが取れておりませんので、やはりサイズが違った場合は現時点では商品化は不明です。

PAGE to TOP