Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

XZ用STREAM_LINE

Xperia_X/XZ/COMPACT

最終的なデザイン調整が終わり、XZ用STREAM_LINEの最終仕様が確定しました。これからにはなってしまいますが生産準備を行って商品化に進めて参ります。

170217

XZの場合は、本体ボディーの角が立っている影響でストリームラインの場合も、どうしても四隅の飛び出しが大きくなってしまいますが、限界まで詰めて自然なラインが構成できております。※画像上のカラーは、あえて不思議な組み合わせにしております。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

ホルダーリングのブラックが販売を再開します。

在庫・欠品・入荷情報

昨年中より売り切れとなっておりました、ホルダーリングがようやく完成し販売を再開致します。お待ちいただいていたお客様にはご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。本日夕方頃には御注文が可能になります。

170216

また、現在ガンメタについても欠品中ですが、こちらも間もなく完成予定です。特にブラックは予想より大幅な人気色となってしまいましたので、売り切れ期間が長くなってしまいました。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

彫刻の線幅での印象違い

★Blog(ブログ)

アルミビレットヘッドフォンキャップの上面にALロゴを設けておりますが、このロゴには線で表現しています。本来のロゴは中塗りのため、線幅分は塗りより外に出ていくため、あまり線幅を太くすると隣のマークと密着してロゴを形成しなくなってしまいます。太いほうが見やすくなりますが、あまり太すぎても良くない結果となってしまいます。

170215

画像上の数字である、2.5と1.5の意味はpt(ポイント)という単位で線の太さになります。1ptは0.35mmのため、1.5ptは約0.5mmの幅の線になります。ちなみに現在商品に使用している線幅はこの1.5ptになりますが、商品自体が小さいため線幅も細くしていますが、大きくなれば線幅も太くなる方向です。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

SONY純正のType-Cケーブル

★Blog(ブログ)

XZ以降から接続端子がType-Cとなっておりますが、一部地域の海外モデルXperiaXZとX-COMPACTにはType-Cの純正ケーブルが付属されているようです。接続コネクター部の大きさを測ってみましたが12.3x6.3となっておりましたので、もちろんEDGE_LINEでもご利用いただけます。

170214

今後の主流となる規格であるものの、今まで使用していたケーブルが使えなくない状態にはなるので国内版にも変更後の最初のモデルには付属してほしかったものではあります。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

XZ用EDGE_LINEのブルーから販売再開

在庫・欠品・入荷情報

欠品中のXZ用EDGE_LINEですが、本日22時より、まずはブルーの受注を開始致します。本日の時点でご用意できるのがブルーのみとなりますが、明日以降にブラック、レッド、シルバー、オレンジについて準備が出来次第再開させていただきます。

170213

本日再開するブルーは22時からとさせていただきますが、明日以降は当日の作業状況により準備が完了したものから受注を開始させていただきますが、概ね夕方頃以降に御注文が可能な状態になると思われます。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

< 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 >

PAGE to TOP