Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

iPhone7用カッティングブラックの試作品

iPhone7/6S/6/-PLUS

iPhone7用EDGE_LINEのカッティングブラックに着手しています。iPhone7用に新しくなったエッジラインでは面取りの加工ラインを大きく変えたため、カットされる部分が大きくなっています。そのため、カットされた光沢の部分がより目立つようになります。

170210

内側は一定のカットラインになりますので少し目立ちにくい部分はございます。また外側は今回一部の部分にカットを入れにくいため、マナーボタンとヘッドフォンジャックあたりの一部がカットできない状態になります。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

XZ用EDGE_LINEの完成時期について

Xperia_X/XZ/COMPACT 在庫・欠品・入荷情報

生産が追いついておらず、ご迷惑をお掛けしておりますXZ用EDGE_LINEですが、概ね来週中旬頃からの再販を予定しております。但しガンメタ、シャンパンはもう少しお時間が掛かる見込です。また具体的な日時は当インフォメーションにて再度お知らせして参ります。

170209

生産自体は継続しておりますので、徐々に売り切れは解消して行くと思いますが、ご希望の方はお早めにお求めいただくほうが確実でございますので、ご承知おきのほど宜しくお願い致します。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

XPERIAのロゴ

★Blog(ブログ)

昨日マグネットチャージが復活してくれたら…とこぼしていたのですが、Z5系ではXPERIAのロゴが本体に凹みで入れてありました。これらもXシリーズからは既に無くなっておりまして、シリーズごとの変化が強く色付くXPERIAです。

170208

これに対してバンパー側もロゴが覗けるようにサイドに窓を設けておりましたが、この本体ロゴが無くなったため今では廃止されています。ちょっとしたことではあるのですが、こういったところも今後是非復活して欲しい部分でもあります。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

Z3までのマグネットチャージ

★Blog(ブログ)

Z1からZ3まではXperiaの本体にはマグネットチャージ部分がありました。マグネットのため接続感が難しく賛否両論有りましたが無いよりあったほうが良いのかもしれません。Z4では防水MicroUSB端子に変わって本体底面に端子の位置が移動したため、残すこともできたように思えるのですが、Z4以降はすっかり無くなってしまいました。

170207

本体に特徴を持たせにくくなっている状況でもありますので、色々な事情はあるかと思いますが、是非XperiaにはXperiaだけの機能を持っていただきたいもので、マグネットチャージの復活を節に願ったりしています。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

Type-Cとストリームを組み合わせると

★Develop(開発情報)

XZとXCからとなったType-Cコネクターはライトニングのようにリバーシブルで接続が可能なため、MicroUSBよりも用途上は便利になっています。MicroUSBでもリバーシブル接続が可能な端子も存在しているのですが、どうしても接触不良が起きやすく信頼性に乏しい現状があります。

170206

Type-Cですと、規格上MicroUSBよりも大きな電流が扱えますし、データ転送量も高速化が可能なのでこれからの標準ケーブルになっていくと思います。ただ、Microから完全に変わっていくかとなるとこれには数年かかると思われます。画像は試作品のXZ用ストリームとType-C型のホリゾンタルケーブルです。完全に組み合わせて使えるようにストリームラインのデザイン設計をしたものではありませんが、組み合わせるとちょうど良い感じに隙間が均一になります。現在ホリゾンタルケーブルについては遅れが生じておりまして、生産調整を行っております。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

< 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 >

PAGE to TOP