Loading...
Now Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

発送完了メールから配達状況をワンクリックで確認できるようになりました。

●New Info(最新情報)●

配達状況をワンクリックで確認

アルマニアストア内でご購入いただき、発送完了後に送信される「発送完了メール」内には、配送番号を記載させていただいており、その下段にヤマト運輸様の追跡確認先のリンクが貼られております。
今までは、配送番号をコピーしておく必要がございましたが、メール内のリンク先をクリックしますと、リンク先に飛んだ際にお客様の配送番号も自動で入力するように変更致しました。

発送完了メールの内容

こちら、アルマニアストアで発送完了後に送られるメール内容になります。配送番号はメール内の中段あたりに記載されております。

メール内の中段あたりに記載

リンク先の状態

ヤマト運輸様のリンク先に移動した時点で、配送番号は自動で入力されて、発送状態の情報ももそのまま表示されます。
そのため、配送番号を入力して、「お問い合わせ開始」ボタンまでもクリックする必要がなくなりました。
今では当たり前にもなっている機能でもありましたが、対応が遅れており申し訳ございませんでした。

iPhoneX用の背面パネル試作品

iPhoneX ★Develop(開発情報)

iPhoneXに試作品の背面パネルを装着した状態

既にXperia系では商品化できておりました背面パネルですが、表皮の素材確保の関係でiPhoneXは見送っていたのですが、新しい表皮が見つかったため、iPhoneX用にも試作を開始しております。こちらが試作品を装着した状態になります。装着した状態でもワイヤレス充電が可能な芯材を使用しております。

概ね試作状態で良好な状態にまで仕上がってきておりますが、レンズプロテクターと併用できるようにカメラ部分の穴は少し大きめにくり抜いています。しかしながら、現時点でもレンズプロテクターが解決してないこともあって、ちょっと足踏み状態が続きます。

本日のご注文分より摘要、ポスト投函は「ネコポス」のみとなります。

●New Info(最新情報)●

ポスト投函の発送方法はネコポスのみとなります

先日より告知させていただいておりました、当ストア内でお求めいただいた際のポスト投函の発送方法について、今までは2種類でDM便とネコポスが選択いただけましたが、本日のご注文分より、ポスト投函での発送方法は「ネコポス」のみでお取り扱いとさせていただきます。
(昨日までにいただいておりますご注文分はDM便を摘要させていただきます。)

お客様の中には「急いでいないので安価で送ってほしい」というニーズもございますので、その際にはDM便はとても便利ではございましたが、少なからず荷物の紛失や追跡が出来なくなるなど発生しておりまして、結果としてお客様にはご迷惑をかけてしまうこともございました。
「ネコポス」の方が到着までも早く、より確実な到着が可能になってきますが、ポスト投函という特性上でお客様のご理解も必要な発送方法でもございます。

ポスト投函はネコポスのみになります

【ネコポスご利用時の注意点】
・ネコポスのご利用はポスト投函となります。仮に紛失・破損があった場合の補償はできません。
ポスト投函となりますので、ご不在でも受け取れるメリットがありますが、集合住宅のポストのように簡単に取り出せるポストでのご利用はご遠慮ください。お届け先の住所は必ずマンション名、部屋番号まで正しく記載ください。
そのため、補償がない事を承諾いただける方にのみ、ご利用いいただく事が出来ます。※簡単に郵便物を抜き取れるポストでのご利用は避けてください。

・商品の大きさや数量、特性上などの理由で、ネコポスを選択されてもお受けできない場合もございます。その際には注文確定メールにてお知らせ致します。

・配送先の住所(ポスト)が配送業者で特定出来ない場合、商品は当方へ返送されます。再発送には再度配送料を頂戴致します。盗難の恐れがある取り出しやすいポストなどでのご利用はお止めください。
何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

設計変更した改良版:スマートキーバンパー

SMART KEY BUMPER

開発中の50プリウス、C-HRのスマートキーバンパー

一次試作を完了して使用感から改良点を洗い出して、設計変更を行いました。基本的にスマホと異なり、商品を外す頻度は低いため、耐久性も上げるようスクリューをワンサイズ大きくし、やはり正面はスマートキー本体の車名ロゴ側ということで試作品からネジ方向を変え、ボタン側に反転させました。

CHRスマートキー検討デザイン

重量も重い感じがしたので、細かい部分でカットを追加したり全体の厚みを薄くして、コンピュータ上では30%ほど体積を落として軽くなります。デザイン的にも正面側を主体とするように、さらに丸みを与えてスタイリッシュになりました。

これから再度試作を行い検証してまいりますが、一次試作の治具が使えなくなってしまったので、もう一度治具の作成から開始です。

iPhoneX用に手帳型ケースの試作品

iPhoneX

iPhoneX用手帳型ケースの試作品

商品化の決定までには至っておりませんが、iPhoneX向けに手帳型ケース(CHSASEシリーズ)を新たに検討しております。画像のものは試作品の状態となり、細かい部分は仕上がっておりませんが概ねこのようなタイプになってくると思います。

アイフォンテンの手帳型ケース試作品

以前にXperia X PerformanceやGALAXY用で商品化したものでしたが、品質が所定のところまで到達せずアウトレット品での販売となってしまいましたので、様々な点で改善が見込めれば商品化に向かいたいと思います。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

PAGE to TOP