Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

明日よりiPhoneXの予約が開始となります。

★Blog(ブログ)

いよいよ明日となりますが、iPhoneXの予約が開始となります。アップルのサイトで表示されているように、「予約注文は10月27日午後4時01分(日本時間)から。 」という、中途半端にも感じる時刻や分刻みの「午後4時01分」という開始時刻の理由は諸説色々とあるようです。

171026

最も有力な説では、アップル本社のカリフォルニア州では日本時間の16時が0時にあたります。そして、0時00分というのは、1日の始まりなのか終わりなのかという思考が始まると、どちらでもない曖昧さが生じるため、はっきりとスタートする意味でも0時01分となっているようです。
昨今のスマートフォンの中では非常に高額ではありますが、どれほどXに人気が出るのか、予約開始後の報道には見応えがありそうです。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

新型XZ1のキャリア別背面ロゴの違い

Xperia_XZ1/XZ1C/XZP/XP/XZs/XC

Xperiaの新型XZ1は例年通り、主要3キャリアでの販売となります。既にソニーモバイルのホームページにはアップされておりますので、仕様の違いを比較してみますと、本体自体に違いはありませんが、背面側のロゴデザインは異なっております。相変わらずドコモ仕様はdocomoロゴが中心になっています。これがどうしても嫌だという場合はソフトバンク仕様をお選びいただくことになってきます。

171025

このdocomoマーク位置は毎度議論されてしまうのですが、中古市場では同じタイプの中ではdocomo版の方が買取価格も少し高くなる傾向があります。もちろんロゴが関係する話ではありませんが、やはりキャリアの中ではダントツでドコモという背景があるためだと思われます。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

裸使用での無数の傷

★Blog(ブログ)

特に保護ケースなどを装着せずにスマホをご利用いただく方も多いかと思います。完成された各社の本体デザインはそれは素晴らしいものではありますが、やはり落下時の損傷、当て傷などは直接本体が受けてしまう限り、気付かないうちに傷などが本体に生じて行きます。

171024

いくら気をつけていても、ある時に気が緩んで手から離して落下させてしまうことは皆さん経験することかと思います。全般的にシンプルな形状を持つスマホは、引っ掛かりも少なく表面も滑りやすいので落下の可能性からは免れません。
画像のものはiPhone6になりますが、約半年間を裸体で使用されたもので、落下だけは気をつけているようですが、傷は無数に生じてしまっています。傷は本体上側より下側の両サイドに集中しております。簡単なシリコンケースでも大幅に傷は防げることになりますし、こういった傷もケース装着で隠せることが多いので、やはり何かしらの保護する商品は装着することをお勧め致します。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

XZPのロッソカラーにエッジラインのファイヤーレッド

Xperia_XZ1/XZ1C/XZP/XP/XZs/XC

エクスペリアの中では異色とも言えるカラーとなるXZ_Premiumの「Rosso」には、エッジラインバンパーのファイヤーレッドとの組み合わせが同色系の組み合わせになります。当然ながら同色系のため、組み合わせとしてはレッド系が最適とも言えますが、ブラックも引き締まりが出て良いと思います。

171023

残念ながら、現時点でXZPのエッジラインのファイヤーレッドは売り切れとなっており、現在生産を行っております。このロッソの販売開始の影響もあり、レッドの生産数は大幅に増やして対応して参りますが、いまのところ完成時期は11月上旬を予定しております。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

2画面のスマートフォン

★Blog(ブログ)

ドコモの新作モデルに2画面のスマホが登場します。とはいっても既に以前にはNECが横開きのスマートフォンがありましたので、初めての試みというわけではないですし、今回はZTE製となります。過去の携帯電話(スマートフォンの前)は、折りたたみの主流が縦開きでありましたが、縦に長いと通話する口の所まで到達するので、心理的な面でも日本では主流となりましたが、横開きは主に画面範囲を大きくするのが目的にはなります。

171021

この機種(M_Z-01K)の場合、両面ともに剥き出しになる方向にしか閉じられませんので、逆に画面同士が接する面に折りたためたら、魅力的で斬新さが感じられたのかもしれません。そうなれば、カテゴリー的にも「ブック型」と呼べるものにもなります。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

PAGE to TOP