Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

STREAM_LINE(XZ用)トップページ画像

★Blog(ブログ)

XZ用STREAM_LINEのイメージでトップページで御覧いただけるようになっいる画像に大変好評をいただいております。ストリームラインを手に持った状態で正面を向かせていますので、最大特徴であるツートンカラーとなるトップパーツの色違い部分が際立っています。

170406

撮影場所には「遠州灘」と呼ばれる砂浜の海岸沿いで撮影しております。実際にはとても寂しい感じの海岸ではありますが、イメージ画像としては雰囲気が出てストリームラインとマッチしております。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

iPhone7用EDGE_LINEにカッティングブラックが登場!

iPhone7/6S/6/-PLUS

準備が遅れており、当初今週の前半にはとお伝えしていた、iPhone7用EDGE_LINEの新色設定となる「カッティングブラック」が本日夕方頃から準備が完了次第販売開始となります。

170407

カッティングブラックとブラックの違いが少し分かり難いというご指摘がありますが、簡単にはブラックにアルマイトした後に、バンパーを構成する前後の内外周を後加工でアルミの材料色を出しています。この部分がメッキのように輝きますので、ブラックとはまた違った雰囲気と、一手間がかかった仕上がりを感じていただけるものになります。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

赤と言っても細かく異なります。

★Develop(開発情報)

画像の左がバンパーの赤です。その右にはプラスチック製品の赤を並べておりますが、全体ではどれも赤であります。しかしながら、細かく見ていくと、どれも赤味は違ってきます。色には色相、明度、彩度と3っつの構成で数値化することも可能ですが、素材や色付けの方法などの違いで、色の調整には限界があります。

170405

バンパーの赤については、アルマイトが素地となるアルミの銀色を透過して見ていることもあり、塗装の種類で言うとキャンディー風に近くなりますが、樹脂の場合は素材自身に色味を付けているため、ソリッド風になります。ソリッドになるとフラットなイメージになりがちですが、アルマイト製品は金属感を持ち合わせるため魅力的なカラーが表現されます。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

XZ用ストリームラインの人気色

Xperia_X/XZ/COMPACT

先週から発売開始となったXZ用STREAM_LINEでは、トップとベースに異なるカラーが選べることから、カラーの組み合わせの相談をいただいております。現時点で確認してみますと、トップ5は以下のような組み合わせになっておりました。

(順位:トップ+ベースセット)
1: レッドトップ + ブラックベース
2: シルバートップ + シルバーベース
3: オレンジトップ + ブラックベース
4: レッドトップ + レッドベース
5: ブルートップ + レッドベース

170404

5番にランキングする、「ブルートップ+レッドベース」は意外な組み合わせに感じますが、歴代モデルでも上位にランキングする組み合わせで、ガンダムカラーに通じる部分もあるからかもしれません。同色をお選びいただく方も多く、その中ではやはりシルバーがアルミらしさを放つためか人気色となっております。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

XZ用背面パネル(シルバー)は生産終了となりました。

Xperia_X/XZ/COMPACT

XZ,iPhone7から登場した背面パネルの「LEATHER BACK DEFENDER for Xperia XZ」はシルバーのみ生産終了となりました。既に完売となっており、今後の生産予定がありませんのでご了承のほど宜しくお願い致します。ガンメタ、ブラックについては引き続き生産しておりますので、販売は継続して参ります。

170403

商品には合皮レザーを用いておりますが、シルバーのみ材料の生地が入手困難となったため、生産できなくなりました。今後は生地の仕様なども含めて他の材料も用いた背面パネルも検討して参ります。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

PAGE to TOP