Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

IQOSについて検討しております。

★Blog(ブログ)

最近のお問合わせの中で、IQOSケースの商品についてのご質問をいただいております。以前より検討はしておりましたが、アイコス自体の今後の動向が掴みにくいこともあって、なかなか進められずにおります。幾つかの簡易的な商品設計もしてみましたが、商品的に魅力に欠ける部分が多数で、方向性を見出だせていないのが実情でもございます。

170602

現時点で商品化が決まっているわけではありませんが、せっかくなので再検討して参りたいと思います。今までの仮設計が本体に馴染ませるデザインばかりでしたので、もっと露骨なイメージでと考えております。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

iPhone7用リアルウッドケース試作品

iPhone7/6S/6/-PLUS ★Develop(開発情報)

現在、商品化に向けて進めております、木工職人によって生み出されるリアルウッドケースの試作品が概ね最終調整に入っております。改めて木の無垢材加工はこういった小物の商品では苦労が絶えません。材料として取れる部分も大きな板材から木目の良い部分だけを選んで材料として切り出し、加工途中で不具合が見つかれば使えなくなります。

170601

木材の種類としては、ダークな雰囲気を醸し出す「ウォールナット」と、木材にこだわる方への日本ならではの「けやき」の2種類を予定しております。どちらも使用と共に表情が徐々に変わっていく愛着の湧く木材になります。(画像左側がウォールナットを1年ほど使用した木目色となります)

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

XZ/XZs用EDGE_LINEのカッティングブラックを発売開始

Xperia_X/XZ/COMPACT 在庫・欠品・入荷情報

昨日お伝えしました、XZs/XZ用EDGE_LINEのカッティングブラックが追加となり、当ストア内にて販売を開始致しました。現在、準備が整い御注文が可能な状態となっております。

170531

カッティングブラックは、イメージとしては最近の傾向に強い自動車のアルミホイールのように、ブラックの塗装と切削面を出して2色のように見えるようなタイプになります。切削面は色ではなくアルミの素地を出して輝かせる手法になりますが、精細感が増し、引き締まりが強くなるお勧めのカラーの一つになります。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

XZs/XZ用EDGE_LINEにカッティングブラックが登場します。

Xperia_X/XZ/COMPACT

カラーラインナップ上で未設定となっておりました、XZs/XZ用EDGE_LINEの「カッティングブラック」がいよいよ登場します。現在販売開始準備を行っており、明日中には開始できる見込です。今回、設定を見合わせておりましたが、XZsにも装着可能であることから急遽準備を行っておりました。

170530

XZs/XZ用のEDGE_LINEからは、アウトラインの面取りを部分部分でえぐらせていることもあり、カッティングされた部分が大きくなっています。そのため、より効果の高いラインを構成します。前後の内外周を覆うラインが光輝くため、引き締まりのあるスマホに仕上がります。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

XZsとXZの外観違い

★Blog(ブログ)

XZsが発売開始され、XZとの違いを外観的に考察しております。カメラレンズ周辺は大きくなり、仕上げ方もより綺麗になっております。その他でとなると、背面のアルミはブラックモデルでは、マットな仕上がりになって高級感が増しています。ただ、指紋が付きやすく、この点は進化でもありますが気になる方は諦めるしかないほど拭き取りも面倒です。

170529_1

一方、全面はXZではディスプレイ回りがグレーであったのが、ブラックへとハッキリ変わっています。その変わりと言っては何ですが、ボディー自体(縁)はXZでブラックであったのに対し、グレーに近いカラーになっています。

170529_2

カラーだけで言うと、ブラック⇔グレーが入れ替わったようにも思えます。ただ、XZsの方が細かい点でも仕上げ方をより精細感が出るようにしていることは感じ、所有感的にはXZsに軍配が上がると思います。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >

PAGE to TOP