Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

新採用となるバンパー側面へ内蔵する切削ボタン

iPhone7/6S/6/-PLUS

薄型となったiPhone6では、本体のボタン形状が丸から長丸形状になっています。薄型と側面のラウンド形状に合わせ、丸型では飛び出た格好になるためだと思います。EDGE_LINEの場合は、側面はフラット面がありますので丸形状でも可能なのですが、本体の変更に合わせて内蔵ボタンを長丸形状になります。
画像はその試作品になりますが、上面が鏡面(画像奥)とヘアライン仕上げ(画像手前)を作ってみました。鏡面は外部が映り込む綺麗な仕上がりなのですが、組み込んだ時に削り出しバンパーとマッチするのは、やはりヘアライン仕上げになります。そのため、商品化の際にはヘアライン仕上げのボタンがボリューム上下、ON/OFFボタンへの3箇所iPhone6用EDGE_LINEには組み込まれる予定です。

こちらのボタンを製造するのが某国内腕時計メーカーのボタンを専門で製造している工場で、ただでさえ固いステンレスをここまで小さく精度を完璧に仕上げるなど申し分ない出来です。単品状態では少々イメージ付きにくいかもしれませんが、組み込んだ時の全体的な質感は、これがアクセントにもなって更に高級感を感じていただける商品になります。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP