Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

XZPのDISPLAY表記

Xperia_XZP/XP/XZs/XZ/X COMPACT

現在生産中のXZ_PREMIUM用EDGE_LINEでは、音量ボタンが上部に移動したことで、音量上下の表記を印字するスペースが狭くなり、無理矢理記載しても小さくなりすぎたり、バランスが悪いため廃止しました。エッジラインを装着しますと、オプションのディスプレイボタンを使用しない場合は、ディスプレイボタン位置が分かり難い点を解消するため、バンパーのアウトラインで一部凹みを設けています。但しこれだけでは遠くから見た時にはやっぱり分かり難いため、新たに「▼DISPLAY」表記を正面から見えるように印字します。

170817

残念ながらレーザー印字のために印字部分は白くなってしまいますので、バンパーがシルバーの場合だけは色味が同化してしまい、遠くから見ればほとんど分かりません。また、正面側から見えますが面取り面に行いますので角度が付いた面となり、印字の際にはバンパーを治具で傾ける手間がかかるようになります。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

“XZPのDISPLAY表記” への5件のフィードバック

  1. 田中あつし より:

    印字は消していただきたかったので、大歓迎です!!
    弊社に求める価値はむしろ、高精度・堅牢性・良鋼材によるハイグレードなバンパーだと思います。

    携帯会社のキャリアロゴ不要派のアルマニアさんなら理解していただけるかと思うのですが…
    出来れば電源ボタンのDISPLAYも消していただきたいのが本音………

    音量のボタンは上下のビレット?は加工・工夫する余地はあるように思われます。
    (解りにくいかもしれませんが、押し込む力が不自然にならない程度の角度でスラントさせて………勘ですが、30°くらいでしょうか?)

    本体の下側から指を這わせて、
    ボリュームアップは登り坂。ダウンは逆。と。
    何故なら下から保持するのが前提なので、この向きの方が感覚的にも良いかと。
    眼の不自由な方でも感覚的に扱えたらなぁ……と………
    今までのポッチだけだと正直よくわからず、全然違うボタンを押してビックリする事が何度も…
    バンパーの外側を加工せずに、ビレット?ボタン?の登頂部の加工で色々な人に恩恵があるのではと……

    Z3のEDGEラインを使用している時に幾度もボタンの押し間違いを経験して、『ボタンのかたち、もっと判りやすく加工出来ないのかなぁコレ!』
    と金属加工をよく知らずに思ったのですが、いかがでしょうか?
    好き勝手に好みの要望を書いてしまいました。

    くどいようですが、バンパーの印字(特に電源ボタン)は不要かと思います。
    バンパー自体カスタムパーツみたいな物ですし、ボタンの説明印字無いぞ!という人は購入しないと思います。長文失礼いたしました。

    • alumania より:

      貴重なご意見ありがとうございます!
      バンパーは機種ごとの商品にはなりますので、そのモデルだけに完全に限定した設計であればボタンの方向などはイジれます。しかしながらスマホ用ということで、どうしても時間の関係である程度まで共通化した設計を行わないと商品化までの時間が延々と伸びてしまいます。以前はZ1の頃にボタンも個別に凸起を持たすなど専用形状にしましたが、効果は低かったです。
      印字については商品には各方向に面を持ちますので、それぞれの面に対して安定感を与える視覚的なものでもあるため、必要性が高いものだと考えております。印字は説明としては不要なのですが、デザインのアクセントバランスが必要になります。
      皆様からのご意見をいただきながら、今後も商品性を高めていきたいと思っております。ありがとうございました。

  2. 田中あつし より:

    すみません、ボリュームボタンのお話……
    画面表面、上から見て音量ボタンが『〈 』の形が好ましいかなぁと。

  3. カズ より:

    はじめましてこんにちは。
    XZプレミアムEDGELINEの商品ページ拝見させていただきました。
    一つ質問なのですが、今後カッティングブラックの発売予定はありますでしょうか?

    • alumania より:

      早速の閲覧ありがとうございました。
      カッティングブラックは後加工品となりますので、どうしても基本色の後になってしまい、現段階では未定となります。どうぞご了承のほど宜しくお願い致します。

PAGE to TOP