Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

Z2用EDGE_LINEの設計が完了しました。

Xperia_Z2/Z1/Z1f/Z

基本的にZ1のサイズ違い的に考えていたものの、意外にEDGE_LINEデザインと合わせにくい左右の開口位置などもあって、結局新規設計と変わらないような作業となってしまいましたが、ようやく試作のための基本設計が完了しました。
底面のマイク3箇所が特徴的にもなるため、通常ストラップホールは片側に設置していましたが、マイクの左右にバランスを取るため両側に設置します。

やはり背面は構造上、画面に被ることになり、開口が画面側より小さくなります。ゆえに背面は特に一般的なガラスフィルムは装着できないサイズになりそうです。この辺は試作品の評価が終わり、量産に入る時点でサイズなどが最終的に決まりますので、その時点でお知らせ致します。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

“Z2用EDGE_LINEの設計が完了しました。” への8件のフィードバック

  1. アイスのおじちゃん より:

    とうとうバンパーの3Dモデル設計が完成したんですね!!
    ほぼ新規設計お疲れ様ですw

    背面は被るかもしれないんですね。
    ガラスフィルムを購入しなくて正解でしたww

    アルマニア正規のガラスフィルムの購入も考えておかないといけませんね。

    HWBが無事届きました!! 
    USBケーブルの端子付近が少し太かったのか、入れづらい所はありましたが、ブログに記載しておられた通りZ2のスタンドでも難なく使えました。底面にクッションテープを用いて毎日使用しております。 やっぱりかっこいいですねw 何時間でも眺めていられますw

    長々と申し訳ございません。
    これからも益々のご発展をお祈り申し上げます(^ω^)

    • alumania より:

      こちらこそ、ご利用後の感想をいただきありがとうございました!
      Z2にはセンターフックも商品化の方向で進んでますし、ガラスフィルムも特に背面は専用サイズのため商品化に向けて同時進行で進んでおります!
      ステーションの方は裸状態でも使えますし、今後のバンパーなどとの同時装着も問題ありません。数年後はタブレットスタンドなどとしてもご利用ください!
      どうぞ今後共宜しくお願い致します!

  2. シロッコ より:

    こんばんは♪

    3D設計、完成したんですね!
    個人的には、Z2本体のストラップホールがZと逆側になってしまい、非常に使いづらさを感じているため、両側につけていただけるのは非常にありがたいです!

    背面は今のところ、何も貼らずに使用していますが、かなり滑りやすいので、almaniaさんのバンパーをつけてみてから貼るものを考えたいと思っています。

    センターフックも商品化されるかもしれないとのことですし、バンパーだけでなく、イヤホンジャックキャップやスタンドも一緒に購入したいと目論んでおりますので、完成を楽しみにお待ちしております!

    そろそろ梅雨になりそうで、湿気が多く不快指数の高い嫌な季節が始まりますが、皆さん体調にはお気をつけて頑張ってください!

    • alumania より:

      いつも暖かいコメントいただきありがとうございます!
      シロッコ様もどうぞお身体にはお気をつけください。今日も何か嫌な感じの天気になりそうです…
      さて、今回のZ2は今のところセンターフックも実現できそうですし、左右上部の開口も開けるようになりXperiaモデルの中でも豊富な適合商品ラインナップが完成しそうです。他の新企画も準備してまして、今後何ができるかお楽しみください!

  3. 勇気 より:

    裏面にガラスフィルムが貼れないならiPhoneみたいなバックパネルが欲しいなぁ…
    でも難しいんですかね?

    • alumania より:

      ガラスフィルムは背面側も専用サイズを現在開発中です。バンパーと同時期に販売開始できるよう準備しておりまして、バックパネルタイプのバンパーは商品化予定はありません。

  4. seals より:

    XPERIAZ2用エッジラインは!販売時期はいつくらいになるのですか?予約ができるのならしときたいのですが?

    • alumania より:

      現段階は試作製作中でして、最終的な仕様が確定できていないため販売時期は未定となります。同様にご予約も承っておりませんので何卒ご了承ください。

PAGE to TOP