Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

Z3compactとiPhone6

Xperia_Z3/C

いよいよ発売となったZ3_COMPACT(以下Z3C)は、小さいながらも…と表現したいところなのですが、今ではiPhone6が大きくなってしまったためか、スマートフォンとして決して小さいわけでもありません。現時点のスマートフォン選択肢のなかで「大きさ的な使いやすさ」の観点ではZ3Cが最適だと感じます。
特に片手だけで操作ができるという観点では、何度も指が届かなくなって結局両手使いを強いられるiPhone6にストレスを感じ、Z3Cの圧倒的な優位性を感じます。

どうしても比べてしまうので「大は小を兼ねる」という言葉のように、販売キャリアの事は抜きにしてもZ3CよりもZ3を選ぶ方が多いと思います。でも、iPhone6の場合はPLUSよりも小さいiPhone6の方が圧倒的に多いです。両者を比較する基準も無いのですが大きさの売れ行きでは対照的ではあります。やはりPLUSはファブレットに属するほどの大きさということかもしれません。
あくまでも印象ですが、スマートフォンに関しては女性のほうが大型ディスプレイを好む傾向が強くあり、ポケットに入れたり携帯性を重視する傾向が強い男性はそこまで大きい本体を望んではいない事が多く見受けられます。スマートフォンにタブレット要素を近づける今の流れはどこまで続くのでしょうか。

話は戻りますが、Z3Cは前モデルのZ1f(A2)から劇的な進化などはありません。外周のプラスチック化はデザイン的にもZ1fと並べると興味の無い人にはZ3Cが旧モデルだろうと思われるような筐体です。しかし、現在の市場に目を向けると、「スマートフォンを片手で操作できる最新モデル」ともいえ、Xperiaらしい防水性能やマグネット充電などの本体の優位性からも、かなり魅力的なモデルです。
Appleでは現在もiPhone5Sを併売し、先日の値上げがあっても6と同様に値を上げ、価格差は広がっていません。要するに5Sは在庫処分ではなく現行モデルであり、その一つとして5Sは片手で操作ができるモデルであるということも関係している可能性も考えられます。

���̃G���g���[���͂Ăȃu�b�N�}�[�N�ɒlj�

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP