Loading...
Now Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

バリ(面取り)のハンドツールといえば

★Blog(ブログ)

金属品の切削で発生する角部は鋭角になるほど手で触れれば痛くなる方向です。
アルミケースの生産上では基本的には利用することはありませんが、商品の裏面仕上げや試作品などにはバリ取りハンドツールの王様「NOGA」を利用すると便利です。
120809.jpg
バリ取りのための工具とはいえ、かなり精度高く綺麗に角を仕上げられます。
対象の角部に刃を当てて、アウトラインをなぞるだけで面白いようにカンナの切りくずのように削れます。面取りで言えばC0.1くらいは簡単に仕上げられます。
ただ、ハンドツールなので細かく均一性は保てないのですが、かなり気にならないレベルまで仕上げられます。
内径仕上げが得意で外周部のRは少し難しいですが、刃の形状も様々あり大変便利です。
金属加工には必須のハンドツールで、レース関係者も工具箱に入れておくという方が多く重宝します。

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP