Loading...
Now Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

iPhone6を入手しました。

★Develop(開発情報)

あくまでもSIMフリー版ではありませんが、docomoのサイト予約分のiPhone6が到着しました。ちなみにPLUSも本日到着予定ということで、早速設計を開始するようデザイン検討を開始しています。

本体図面は入手していたのですがサイズは正確とはいえ、やはり実機とは印象から異なりフィーリングも含めて当初考えていた手法とは異なってきます。特にシームレスになったことで、平面が少なくなったので保持など気を付けなければならない部分が多く、かつ設計方法も色々出てきてしまうのでベストな選択に迫られます。

実機を見ると、やはり画面のガラス面のRは結構やっかいな部分です。当然ガラスフィルムとの併用をと考えますが本体曲面に合わせて曲げが加わったガラスフィルムが登場することは現状考えにくく、ほとんどはフラットの平面部分のみへ貼り付けるだけの小さいガラスフィルムとなるかと思います。ここは併用した場合に隙間が少なくなるように考えたいところです。

« »

“iPhone6を入手しました。” への5件のフィードバック

  1. [Apple] iPhone 6 Plusを曲げないための、がっちりガードおすすめアルミバンパー より:

    […] alumaniaからは、発売時期、価格、形状は未定ですが、ケースの開発を行っているというアナウンスがありました。alumaniaはガラスフィルムとの併用を想定した設計となっていて、非常に完 […]

  2. Alumaniaファン より:

    iPhone6シリーズへの挑戦、応援しております♪

    ガラスフィルムに関してですが、SHELTERブランドから3D曲面ガラスフィルムが10月中~下旬頃から発売されるようです。
    http://shelter-g.jp/
    http://caseplay.jp/products/list403.html

    現存しているiPhone6シリーズ用フィルムは横幅不足の問題を抱えています。そんな中で登場する3D曲面ガラスはそれらの問題点を克服した唯一無二の商品にみえます。

    現在、私はXperia Z1とAlumaniaバンバーと他者製ガラスフィルムを使わせて頂いておりますが、フィットするフィルムをかなりの種類試してきました。ですので、もし私がiPhone6使用者だったら、間違いなくSHELTERブランドを試しますし(私は決してSHELTERの回し者ではありません。)、それとAlumaniaバンパーが対応する事を望みます。もしも3D曲面ガラスの出来が良くて類似品がなかったとしたら、Alumaniaバンパー購入を左右する決め手になるかもしれません。

    SHELTERの3D曲面ガラスをバンパー開発の参考にされた場合、バンパー開発の進捗にかなり影響しそうですが、例年通りiPhone6シリーズの形が2年サイクルである事を踏まえ、Alumaniaさんにはすばらしい製品を作って頂きたいです♪

    Alumaniaファンとして、陰ながら応援させて頂きました。

    • alumania より:

      情報いただきありがとうございます!
      実物を見ていないので正しいかどうかは分かりませんが、恐らくガラスフィルムの裏はフラットになっており、サイドのバンパーで合わせて曲面構成しているものだと思います。あくまでもガラスが3次元的に曲げられているものではないような気がします。あくまでもバンパーと一緒に構成して初めて3D曲面フィルムとして成り立つものか、iPhone6の曲面につながるようなサイズになっているものであって、フィルム単体では他社と(サイズ的に)さほど変わらなく、表面の端面RがiPhone6のように大きく仕上がっているものだと思われます。
      alumaniaで商品を設計するにあたっては、どうしても他社製品を特定した組み合わせの設計はできません。仕様変更がいつ起こり適合しなくなっていたり、制約によって商品設計に自由度が制限されることもあるためです。おおよその想定を考慮したレベルには仕上げて行きますので、どうぞご了承ください!専用サイズになってしまうかもしれませんが、その場合は当社でもガラスフィルムは商品化致します!
      ご指摘のように、Xperiaとは違いiphone系は息の長い商品になるので、基本デザインはキープしながら更なる改良を加える予定です。少しお時間はかかりますがどうぞご期待ください!

    • Alumaniaファン より:

      お忙しい中、ご回答下さりありがとうございます。

      おっしゃる通り、実物を見ない事にはよくわかりませんよね。

      ですが、商品説明欄に『従来のガラスプロテクターでは不可能なiPhone 6の曲面部分を含む全面を保護できる3D曲面ガラスを採用。』と記載されているので、ガラスフィルムの裏が全て平面というのは解釈としてどうなんでしょうか?一ユーザーとしては期待しちゃう面もありますが(笑)

      どのような形であれ、Alumaniaさんのプロダクトを楽しみに待ってます♪
      私の知人は発売を心待ちにしています!

    • alumania より:

      こちらこそご返信ありがとうございます!iPhone6用も設計自体は完成に近いのですが、新しい試み部分があるので多くの調整も必要になりそうですが、なんとか実現できるよう頑張ります!
      ご指摘の商品説明部分には、「3Dで曲げた」とまでは書いてないので単純に表面側の端面を大きなRで研磨したものだと思います。自動車ガラスのようにガラスを3次元で曲げることは可能ですが、厚みが必要です。表面側だけで曲面になっていても、その商品説明は成り立ちます。3次元で曲げたガラスフィルムを作るには設備も必要になるので、恐らく表面側だけではないかな?という推測です。
      あくまでも推測の範囲なので、商品が発売になりましたらご確認ください!3次元で曲げられたガラスフィルムでしたら、それは価値あると思います!

PAGE to TOP