アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION
2018年 8月 8日

ノギスの測定範囲を補うパス

DIY(ものづくり)

奥まった内径を測定できる内パス

業種によって異なりますが、製造業ですと何かと現場では片手にノギスを持ってウロウロしてしまう癖があります。本当に万能なノギスではあるものの、もちろん測定できる対象部分によっては限界があります。特に旋盤などで奥の内径を測りたいときには「パス」が活躍します。 奥まった内径を測定できる内パス 画像のものが内パスと呼ばれ、内パスの他に外パスや片パスなどもありまして、それぞれちょうどコンパスのようなものです。単体では数値はわかりません。一旦測定したい部分のの内径に合わせ、穴から引き出してノギスでそのパスの先幅を測ることで数値を得ます。直接ではないため多少の誤差が生じることは確かですが、もっと正確に測定したいときは、やはりマイクロメーターの出番です。 そのため、あまり活躍しないのが事実ではありますが、精度や利便性で時々利用します。(やはりあまり使わないので錆びてます。。。)
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントは受け付けていません。