アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

赤と言っても細かく異なります。

画像の左がバンパーの赤です。その右にはプラスチック製品の赤を並べておりますが、全体ではどれも赤であります。しかしながら、細かく見ていくと、どれも赤味は違ってきます。色には色相、明度、彩度と3っつの構成で数値化することも可能ですが、素材や色付けの方法などの違いで、色の調整には限界があります。 170405 バンパーの赤については、アルマイトが素地となるアルミの銀色を透過して見ていることもあり、塗装の種類で言うとキャンディー風に近くなりますが、樹脂の場合は素材自身に色味を付けているため、ソリッド風になります。ソリッドになるとフラットなイメージになりがちですが、アルマイト製品は金属感を持ち合わせるため魅力的なカラーが表現されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。