アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

アルミ鍛造品からの全面削り出し(フルビレット)

アルミ鍛造品ステップ

生産技術・方法

特に破断強度が必要になる部品に対してフルビレットを行う場合に、鍛造した部品の状態から全面や一部の切削を行うことがあります。

鍛造については、簡単には「叩いて形を造る」していく方法です。身近でイメージがつきやすいものでは、ブレーキレバーやアルミホイールなどにも多く用いられる製法です。こちらの過去記事で鍛造型を紹介しています。

自転車のレバーですと表面をバレル研磨処理して完了となることが多いので、鈍く光っているイメージが強いかと思います。一方、鍛造ホイールなどは鍛造後に表面を切削していることが多いので、今回ご紹介するような手法と同じとも言えます。

アルミ鍛造品を切削する前の状態

アルミの鍛造品(切削前)

こちらが加工する前の状態です。形からどんな部品かわかる方はバイクに詳しい方ですね。こちらは(バイクの)オフロード車用のステップになります。足をのせるところです。

まず、バイクのステップは用途が足を乗せるところになりますが、オフロードの場合はまたジャンプや転倒が多いこともあり、一際強度が欲しい部品になります。純正部品ではスチール製のものも多いですが、これをアルミでとなると鍛造部品適しています。※鍛造することで材料密度も高くなり強度が増します。

既に形は形成されておりますが、このままでは重量は重く、表面の質感も保てていませんので、これをフルビレットで全面切削を行います。

切削した後の状態

この後に掴みかえて細かい部分を仕上げる必要がありますが、表面の切削自体はこれで仕上がっています。切削前のアルミ鍛造品の状態ですと汚い状態(鍛造でこの状態は実は綺麗な方)ですが、切削することでアルミの持つ表面の輝きが出てきます。

奥に見えるのが切削前でもあるので、多くの「面」を削り出していることがご覧いただけると思います。

アルミの鍛造品(切削前)

鍛造部品はアルミの無垢材に比べれば硬い素材状態になってますので、少し切削時間も増加することになります。

できる限り鍛造した部品の状態で製品に近い状態が作れていれば「薄皮を剥ぐ」くらいの切削で完了でき、コスト面に影響してきます。

こちらのステップの部品は完成品都合と抜きの精度や鍛造型の関係で中抜き(肉抜き)は鍛造時にしていません。 そのため、切削加工ではこの肉抜き作業に結構時間がかってしまっています。

この記事が役に立ったらシェアしてね!

コメントは受け付けていません。

RECCOMEND

NEW ITEM LINK