アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

ヘッドフォンキャップ類の複合加工機

HEADPHONE CAP

ご存知のようにごく小径の精密加工を要されるヘッドフォンキャップ類の加工には、複合機と呼ばれるマシニングセンターとは異なる加工機で切削されています。マシニングセンターが加工対象物を削っていくのとは反対に、加工物を回して切削する旋盤加工と基本的には同じです。 160725 キャップ類のような商品は、ごく小さいものではあるものの、精密に加工が必要で様々なツールも必要になります。また、加工方向は横からもありますので、こういった大きな複合機での加工が必要になってきます。ちなみに、左の回転台にチャックされてる突起物が加工対象物で、これでもキャップ類の3倍ほどの大きさです。

この記事が役に立ったらシェアしてね!

コメントは受け付けていません。

RECCOMEND

NEW ITEM LINK