アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

最初のビレットヘッドフォンキャップ

1pcsで削り出されていたヘッドフォンキャップ

主要モデルでは廃止される方向に向かっているヘッドフォンジャック。まだまだ気軽にイヤホンで聞きたい場合などは、やはりジャックがないことは少し不便に感じたりします。スマホの場合は端末コストや防水性の観点でも廃止方向は一部で進むと思いますが、逆に復活させるモデルも今後出てくるかもしれません。ヘッドフォンジャックの廃止はまだ時期早々であったような気はします。 ステンレス製の1ピースヘッドフォンキャップ そんなヘッドフォンジャックも以前は防水性の観点からも必須アイテムとなっておりましたが、当初、弊社で商品化したヘッドフォンジャックは1ピースで削り出したステンレス製でした。SIMピントレーの取り外しができるよう、ピン形状も持っていたのですが、これも一体で削り出した贅沢なヘッドフォンキャップでした。(既に廃番となっております) その後、カラーを付けたいことから2pcsのアルミと融合させたアイテムに進化していきました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

この記事の前後リンク

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

コメントは受け付けていません。

  • 個人情報やプライバシーを侵害するような情報
  • 閲覧される他の方に不快を与えるような内容や他の方に対しての暴力的な言葉や中傷
  • 著作権の侵害・法律や倫理に反する行為
  • 個人的に偏ったご意見や見解、他社を含む商品・サービスの不平や不満
  • 個別記事の初期投稿日から一定期間を過ぎ、コメント投稿を受け付けていない場合
  • 商品の感想または不具合など、個々に対応する必要がある案件
  • 個々の記事に関係のない内容や話題の乱雑な投稿、迷惑なオフトピック
  • その他、投稿時期のAI判別による不正防止と時事的な内容に抵触する場合など