アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

最初のビレットヘッドフォンキャップ

INFO CATEGORY HEADPHONE CAP

1pcsで削り出されていたヘッドフォンキャップ

主要モデルでは廃止される方向に向かっているヘッドフォンジャック。まだまだ気軽にイヤホンで聞きたい場合などは、やはりジャックがないことは少し不便に感じたりします。スマホの場合は端末コストや防水性の観点でも廃止方向は一部で進むと思いますが、逆に復活させるモデルも今後出てくるかもしれません。ヘッドフォンジャックの廃止はまだ時期早々であったような気はします。 ステンレス製の1ピースヘッドフォンキャップ そんなヘッドフォンジャックも以前は防水性の観点からも必須アイテムとなっておりましたが、当初、弊社で商品化したヘッドフォンジャックは1ピースで削り出したステンレス製でした。SIMピントレーの取り外しができるよう、ピン形状も持っていたのですが、これも一体で削り出した贅沢なヘッドフォンキャップでした。(既に廃番となっております) その後、カラーを付けたいことから2pcsのアルミと融合させたアイテムに進化していきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらシェアしてね!

コメントは受け付けていません。

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

NEW ITEM LINK

この記事の前後リンク

おすすめ記事