アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

iPhone13mini用のエッジラインバンパーが登場します

EDGE LINE for iPhone13mini

iPhone13/Pro用とPro MAXに続き、「iPhone13mini」用のエッジラインが完成します。
このmini用の登場でアルマニアのiPhone13シリーズ(4モデル)に対して全モデルのアルミバンパーが揃う形になります。

アルミバンパーiPhone13mini用
新型エッジラインデザインをまとったmini用

iPhone13mini用ではMagSafe利用のために、バンパーの背面側にガードを部を持たないため、商品サイトについてはProやMAX用とは共通とせず、単独商品サイトにしています。

iPhone13mini専用の商品サイトは既にアップしており、現時点でも閲覧できる状態となっております。

新型エッジラインのデザインをminiにも採用

エッジラインiPhone13mini用

iPhone12mini用で制作した流線形主体のARC LINEから、iPhone13mini用にはEDGE LINEシリーズとしました。

本来はARC LINEを進化させたバージョンでiPhone13mini用も製作したかったのですが、今回他のiPhone13モデルと商品開発を完全に同時進行としたため、デザイン面でもエッジラインシリーズ1本化する必要があったためです。

また、iPhone13シリーズ向けにエッジラインバンパーは大幅に主要の外形を形成するアウトラインを変更しため、やはり全てのモデルで揃えてシンプルな商品構成とした方が分かりやすかったことが大きな理由になります。

エッジラインバンパーiPhone13mini用前と後
上部よりも下部の方が膨らみ部分は大きくなっています

iPhone13miniはiPhone12,iPhone13シリーズの中でも本当にコンパクトなサイズ感です。

新機能であるMagSafeを利用できるようにするためにも、背面側にバンパーの張り出しを加えることが出来ず、また、マナーモード切り替えスイッチまでの距離も上端から近すぎるため、ProやMAX用にアウトラインの変更を行った完全シンメトリー化はできませんでした。

そのため、mini用のデザイン上では左右は対称にできていますが、上下方向はボトム側の方がスクリューを収める関係もあり上部の膨らみよりも下部の方が大きくなっています。

レンズ部の保護はレンズプロテクターとの同時装着を推奨します

EDGE LINE for iPhone13miniでは上述のようにMagSafe機能を利用できるようにすることを優先し、miniのコンパクトさを犠牲にしないよう、バンパー厚みも本体に沿った強度を持つ最低限厚みとしています。

そのため、バンパー装着のみではバンパー厚みが背面レンズの飛び出し量を超えず、レンズの表面保護はできません。

レンズの飛び出し
mini用はレンズ面がバンパーからも飛び出します

そのため、レンズ部分が気になる方はレンズプロテクターなどのレンズ保護アイテムを併用してご利用ください。

mini用のバンパーカラーは5色設定

本体の設定色が5色のiPhone13miniに対して、バンパーカラーも5色設定としました。もちろんお好みでカラーをお楽しみ&チョイスしていただければ良いのですが、本体色のブルーとミッドナイトは色名からイメージできるようなカラーではないため、その辺りは悩ましいところです。

mini用エッジラインのカラー

  • NAVY(ネイビー)
  • SILVER(シルバー)
  • PINK(ピンク)
  • RED(レッド)
  • GUNMETAL(ガンメタ)
カラーラインアップ
iPhone13mini用は5色ラインナップ

特にiPhone13miniの本体色MIDNIGHT(ミッドナイト)は黒に青が微妙に入り込んだ、紺よりも更に暗いブラックに近いような悩ましいカラーになっています。

そのため、ミッドナイト向けにはバンパーカラーの【ガンメタ】または【ネイビー】が近似色となり、組み合わせとしてはお勧めカラーとなります。

iPhone13用エッジラインシリーズのアルマイトカラー群

iPhone13とProは7色設定
iPhone13シリーズのカラー構成(モデルにより設定は異なる)

大きく分ければ2つとなる【STDグループ】のminiとiPhone13、【Proグループ】のProとMAXではカラー構成が異なるため、iPhone13用では計7色を新色設定しています。

但し、この関係から単独モデル用となるmini(IP-A2154)とMAX用(IP-A2167)は異なる5色設定となり、iPhone13とPro用(IP-A2161)には7色が用意されています。

iPhone13シリーズ向けエッジラインのフルカラー構成モデル別

各種専用オプション品もご用意しています。

バンパーとオプションパーツの組み合わせ
mini用でも多彩なオプションパーツをご用意
  • LENS PROTECTOR for iPhone13 mini
  • BACK DEFENDER for iPhone13 mini
  • GLASS DEFENDER for iPhone13 mini
  • OPTION STRAP RING

iPhone12 miniで利用する場合の各種オプション品はiPhone12mini用がご利用いただけます。

その他、iPhone系の汎用品系アイテムとしてはMagSafe用の【TYPE-3】,【TYPE-4】のVARIABLE BILLET STANDや、Lightning Capなどもお勧めです。

iPhone12miniにも装着可能

iPhone12miniのユーザー様には朗報!というほどの大袈裟なものではありませんが、今回のiPhone13mini用エッジラインはiPhone12miniにも装着できる下位互換を果たしています。

iPhone12 miniに装着可能
iPhone12miniに装着可能

これはiPhone13やPro、MAXはiPhone12系からボタン位置が変わり、本体厚みも増加していますが、iPhone12mini→iPhone13miniでは厚みが増加したのみで左右のボタン位置は同じためです。
(SIMトレー位置もほぼ同じですが若干中心位置が違います。)

iPhone12miniとiPhone13miniのボタン位置違い
左側の各ボタン位置は変わらず、SIMトレー位置のみ微妙に異なる

これにより、本体厚みのみが大きいiPhone13mini用に製作されたエッジラインバンパーはiPhone12miniに装着できるようになっています。
この厚みの違いは(バンパーが保持する本体の厚み部分で)7.24mmに対して7.50mmになり+0.26mmの増加です。

これに準じていますので、バンパーもiPhone12miniを装着すると、厚み方向に(前後方向に)0.26mm分の余分な隙間を持つことになります。

iPhone13miniと12miniの厚み違い
※本体公称厚み寸法とは異なる部分です

この隙間はiPhone13miniに合わせての設計品とはなりますので、この分の隙間がガタツキとして感じられる場合があります。たった0.26mmと思うかもしれないですが、切削品としてのアルミバンパーでは、この0.1mmはかなり大きいです。

しかしながら、厚み違いの影響だけではそれほど大きなガタツキは発生しません。バンパーは本体の全周でも押さえており、外周サイズも変わらないiPhone12miniに装着してもほとんど気にならないほどのレベルです。

意図して動かせばバンパー内で前後方向に多少は動きますが、個体差もあるため大きな違和感に感じる場合はクッションテープの重ね貼りを行うなど施して押さえてしまう方法はあります。※商品にクッションテープは別途で付属はしていません。

なお、アルマニアストアでの発売開始は1月27日(木)の夕方以降からを予定しており、全色(5色)ラインナップ予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

NEW ITEM LINK