アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

iPhone14背面カメラレンズのサイズ比較

iPhone14シリーズのレンズ含む実厚みD

解像度が12MPから48MPに大幅アップしたiPhone14Proのカメラの解像度。
但し、これは背面側に3っつあるレンズの1か所(標準レンズ)のみになります。
その他の広角と望遠レンズは12MPのままです。

MP」はメガピクセルの略で解像度を表します。ピクセルは撮影した画像を拡大したときの最小1粒のことになります。
単純に「48MP」であれば1枚の画像の中には4,800万個の色を持つ粒(ピクセル)が集合しているということになります。

iPhone14Proの標準レンズ構造
48MPの解像度を持つiPhone14Proの標準レンズ

iPhone14ProとiPhone14ProMAxに搭載される3眼レンズの個別の性能です。

iPhone14Proの3眼レンズ違い
画像は本体を撮影用に寝かしたポジションです
  • 広角レンズ = 13mm・ƒ/2.2 12MP
  • 標準レンズ = 24mm・ƒ/1.78 48MP
  • 望遠レンズ = 77mm・ƒ/2.8 12MP

iPhone14Proのレンズ周りはカメラの高性能化に伴い、iPhone13Proよりも全体的に大きくなっています。どうしても物理的にカメラの高性能化にはレンズユニットの大型化が伴ってしまいます。

そのため、iPhone14Pro(MAX含み)背面から飛び出たレンズ周りがiPhone13Proシリーズよりも大型化されています。

iPhone14のカメラ部はSTDとProの2種類

iPhone14シリーズはiPhone14, iPhone14Plus, iPhone14Pro, iPhone14 Pro Maxの4種類になりますが、背面カメラレンズはSTD(無印)2眼とProの3眼の2種類でそれぞれ同じユニットが組み込まれています。

そのため、区別しますとレンズ部分の大きさは2眼(iPhone14, iPhone14Plus)と3眼(iPhone14Pro, iPhone14 Pro Max)の2種類になります。

無印iPhone14とProのレンズエリア比較

記載寸法値は少数点以下第二位を四捨五入しています。

iPhone14シリーズの3眼と2眼では当然レンズエリアの大きさも異なります。重ねてみれば一目瞭然ですが、二回りくらいProシリーズの方が大きいレンズエリアとなります。

次にiPhone13シリーズと比較してみます。

iPhone13とレンズユニットの大きさ比較

iPhone14シリーズは、iPhone13シリーズよりも個々のレンズユニットの大きさが拡大しています。

また、各々レンズの高さも増加しています。(本体のレンズまで含めた実厚みは全て増加しています)

iPhone14-STD(無印)とiPhone13で比較

iPhone13とiPhone14のレンズエリア比較
iPhone13とiPhone14-STD(6.1”)とのレンズエリア比較

基本的な性能がiPhone13、miniと変わらないiPhone14とPLUSのレンズユニットは多少拡大されています。

この点はそれほど大きな違いはありませんが、標準レンズのf値(明るさ)がアップ(2.2→1.9)されており、これによりレンズの高さもiPhone13よりも1mmほど高くなっています。

iPhone13とはレンズ中心位置及び高さも異なるため、レンズ保護の全体を覆うような商品の互換性はありません。iPhone14及びiPhone14 Plus専用品(共用品)をご利用ください。

iPhone14 ProとiPhone13 Proで比較

iPhone13ProとiPhone14Proのレンズエリアと位置比較
iPhone13ProとiPhone14Pro(6.1”)のレンズエリアと位置比較

iPhone14Pro、Maxのレンズユニットはカメラ性能の向上に伴い、面積的にもかなり大きくなっています。拡大分は当然ですが画像上で右側と下側に拡大されています。

更に背面側に飛び出たレンズ部の高さも増加しています。

iPhone13ProとiPhone14Proの背面レンズ高さ比較
iPhone13ProとiPhone14Proの背面レンズ高さ比較

画像記載寸法、計算値は少数点以下第二位を四捨五入しています。

iPhone13ProとiPhone14Proのレンズの高さを比較すると、背面側の面からの高さ比較で約0.7mmほど更に高くなっています。

iPhone13Proとはレンズ中心位置及び高さも異なるため、レンズ保護の全体を覆うような商品の互換性はありません。iPhone14Pro及びiPhone14 Pro Max専用品(共用品)をご利用ください。

iPhone14シリーズのレンズまで含めた実最大厚み

iPhoneの場合、背面レンズの高さ寸法まではアップルの公称サイズに記載されていないために、実寸法とは少々意味合いが異なってきます。

最大サイズと捉える場合は、レンズの高さも追加して、実際には以下のような厚み寸法になります。

iPhone14シリーズのレンズ含む厚みD

iPhone14シリーズの最大厚み

  • iPhone14=7.8+3.5=11.3
    (iPhone13は10.3)
  • iPhone14 Plus=7.8+3.5=11.3
    (iPhone13 Plusはモデル無し)
  • iPhone14 Pro=7.8+4.2=12.0
    (iPhone 13 Proは11.3)
  • iPhone14 Pro MAX=7.8+4.2=12.0
    (iPhone13Pro MAXは11.3)

iPhone13シリーズと比較しやすいようにリスト内にはiPhone13シリーズの厚みも記載しております。


ボディーがiPhone13Proと同寸のiPhone14は、各スペック的にも13Proの性能を引き継いでおり、実際はiPhone13Proの2眼版とも言えるようなモデルとも言えます。

高額になったとはいえ、カメラ性能にこだわらず、ボディー素材もアルミで構わなければ、iPhone14、iPhone14Plusは1世代前のハイエンドProモデルを手に入れたものと同じではないかとも言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

RECCOMEND ITEMS