アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

iPhone15Proの適合商品と今後の開発予定アイテム

iPhone15Proが到着

大変長く時間が掛かっていましたが、ようやく新型iPhoneの「iPhone 15 Pro」が弊社にも到着しまして、各所の確認を開始しております。

iPhone 15 Proの最大特徴でもあるチタンボディー。
恐らくチタンということでプレスで成形されているのではないかと思われますが、その特有の全周の角RによってiPhone14Proまでのモデルで感じていた全周エッジの強みが和らぎ、かなり好感的な触り心地になっています。

iPhone15Proのパッケージと実機
iPhone15Proが到着

早速、iPhone15Pro(実機)でのアルマニア商品の適合確認をしましたので、各商品に分けてご紹介していきます。

iPhone 15ProとMaxでご利用可能なアイテム

現時点でiPhone15 Pro MAXは弊社に未到着のため、MAXは実機での確認はできておりませんが、基本的に同じiPhone15 Proで確認できておりますので、適合確認としては現時点で以下のようなアイテムがご利用いただけます。

(2023年10月11日追記)
iPhone15 Pro Maxにも同じ構成で適合確認が取れましたので、上記アイテム群がご利用いただけます。

その他、ビレットスタンドなどのスマートフォン全般向けの商品は除外しております。なお、バンパー関連の商品は装着できません。

USB-C穴埋めキャップ

MagSafe充電(ワイヤレス充電)を中心にご利用する方には本体底面のUSB-C端子が無駄に空いてしまうので、USB-Cキャップによって穴埋めがお勧めです。

本年度で販売を開始した【Type-C CHARGING PORT CAP for Mobile Phone】が装着できます。

iPhone15ProにUSB-Cキャップを装着
iPhone15ProにUSB-Cキャップを装着

なお、iPhone15シリーズで充電端子がUSB-Cに変わったことでUSB-Cキャップが装着できるようになりました。iPhone14までの「ライトニング端子」搭載モデルにはご利用いただけませんので、ご注意ください。

USB-C充電ケーブル

普段から通電(充電)状態が分かるようにケーブル間に流れる電力数値をデジタルディスプレイをコンパクトなボディーに搭載した【USB-C (C to C ) Charging Cable with Power Display】もご利用いただけます。

デジタル表示付きUSB充電ケーブル
※画像はXperia1Vです

iPhone15でUSB-C端子に変更となる事でアップルはライトニングの時のような専用チップ搭載(Mfi)で制御するような噂もありましたが、現時点で確認している限りではそのような制御は無いようです。

USB-Cケーブルの冒頭でご紹介したデジタル表示付き以外にも単機能の【POWER CHARGE USB CABLE (C to C)】もございますが、こちらももちろんご利用いただけます。

レンズプロテクター

iPhone14Pro&Max用(IP-L2214P)のレンズプロテクターは、本体側のカメラ周りの寸法値は細かく異なりますが、実機合わせでiPhone15Proにも装着は可能です。

若干隙間が異なるので位置合わせしないと中心がズレてしまいますが、各レンズの中心当たりを狙って貼り付けてしまえば、ほとんどの位置関係は同じようになります。

iPhone15ProにiPhone14Pro用レンズプロテクターを装着
iPhone14Pro用をiPhone15Proに装着

レンズプロテクターの適合について、お問い合わせいただいた時点では「iPhone14Pro用はiPhone15Proには適合しない」と回答させていただいておりました。各要素の位置関係が微妙に異なることからそのような回答とさせていただいておりましたが、実機での確認で許容範囲内に収まっていることが分かりました。

iPhone15Proとは本体カラーも異なりますし、レンズ突起の高さ方向での違いもあるので、今後iPhone15ProとMax用は専用品を開発していく予定でおります。

現時点でレンズ保護したい方はiPhone14Pro&Max用(IP-L2214P)でも装着は可能です。但し、レンズ性能表記は5倍の望遠レンズになったiPhone15 Pro Max(120mm、ƒ/2.8)には数値が異なってきますので予めご承知おきください。

(2023年10月11日追記)
暫定的に装着自体は可能です。但し、個々のレンズ位置が変更されたため、レンズプロテクターに記載されている数値(箇所)は一致しません。

今後のiPhone15ProとMax向けの開発予定アイテム

無印のiPhone 15及び、iPhone 15 Plus向けの商品開発は予定しておりません。

iPhone15シリーズは基本的にiPhone14シリーズ同様にProとMaxを中心に開発を行います。

  • EDGE LINE for iPhone 15 Pro
  • EDGE LINE for iPhone 15 Pro Max
  • LENS PROTECTOR for iPhone 15 Pro
  • LENS PROTECTOR for iPhone 15 Pro Max
    ※ProとMAXは共通化になる可能性有
  • BACK DEFENDER for iPhone 15 Pro
  • BACK DEFENDER for iPhone 15 Pro Max

今回のiPhone15Pro系はフレームがチタンになったということもあり、バンパーとの検証に時間が多くかかることが予想されます。物価高の影響もありますので通常の発売開始時期よりも遅くなってくるとは思われます。

また、ガラスフィルム系は見送りとなります。

開発中のMagsafeリングの試作品
保留中の背面リングの試作品

バンパー以外にも、iPhone12以降のMagsafe搭載シリーズ全般的にご利用いただける、いわゆる背面リングを本年度に途中まで開発を進めておりました。

これはiPhone15シリーズの動向待ちにもなっておりましたが、この度、iPhone14シリーズ同様にMagSafeが利用できることが分かりましたので、今後商品化に向けて最終調整と生産を進めて参ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

コメントは受け付けていません。

●コメント欄への投稿は以下のようなケースはAI判断で掲載されません。

  • 個人情報やプライバシーを侵害するような情報
  • 閲覧される他の方に不快を与えるような内容や他の方に対しての暴力的な言葉や中傷
  • 著作権の侵害・法律や倫理に反する行為
  • 個人的に偏ったご意見や見解、他社を含む商品・サービスの不平や不満
  • 個別記事の初期投稿日から一定期間を過ぎ、コメント投稿を受け付けていない場合
  • 商品の感想または不具合など、個々に対応する必要がある案件
  • 個々の記事に関係のない内容や話題の乱雑な投稿、迷惑なオフトピック

サイト外記事(広告)