アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

iPhoneシリーズのカメラレンズ部の大きさ比較

iPhone11 Pro MAX XR Xs iPhone 8/7/6S/6/-PLUS

iPhoneXを加えたiPhone7までの現行と歴代モデルを図面上で横に並べてみています。

レンズアクセサリーの検討

カメラ部分の保護を考える上で並べたもので、シリーズごとにカメラ部分の丸や楕円(オーバル)と、それぞれのモデルでカメラ突起の形状が違っています。

レンズ面はiPhone7と8は同じサイズなのですが、PLUSは7Pと8Pで微妙に違い(8Pの方が横に長く、縦方向が小さくなっている)、PLUS系は7と8では共通化ができません。

iPhoneXカメラサイズ比較
カメラ部分の保護を考えるために並べたものです。

iPhoneX(テン)では縦方向のダブルレンズで楕円形のオーバル形状となっており、8PLUS系とはサイズが違います。

カメラ周辺のアクセサリーを考えるときにはiPhoneXは単独で設定することになります。


iPhoneXの丸みが無くなっている

こうやって並べてみますと、 iPhoneX では意外にも4角のR(丸み)が歴代モデルよりキツクなっている(Rが小さくなっている)ことに気づきます。

5.8インチとディスプレイサイズを大型化した iPhoneXですが、本体の大きさはiPhone8などの4.7インチモデル同等にキープされていることがよくわかります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

NEW ITEM LINK

この記事の前後リンク

コメントは受け付けていません。