アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

iPhone8シリーズに背面パネルを装着

iPhone8、8Plus用のエッジラインに背面パネルを装着すると、このように全周に渡りバンパーとの間に隙間ができます。 これは背面パネルがiPhone7登場の際に、エッジラインがインナーダンパーを使用するバンパータイプで、それに合わせて作られていたためです。 現時点ではiPhone8/Plus用に合わせた背面パネルの予定はありませんが、iPhone7用でもカラー次第ではあまり違和感なく装着状態が作れます。 また、iPhone8/Plusのワイヤレス充電も背面パネル自体が非金属のためワイヤレスでの充電が可能です。 背面側の保護にスキンシールやガラスフィルムが多いのですが、こういった背面パネルで飾るのも背面保護の一つとして役立ちそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

コメントは受け付けていません。

  • 個人情報やプライバシーを侵害するような情報
  • 閲覧される他の方に不快を与えるような内容や他の方に対しての暴力的な言葉や中傷
  • 著作権の侵害・法律や倫理に反する行為
  • 個人的に偏ったご意見や見解、他社を含む商品・サービスの不平や不満
  • 個別記事の初期投稿日から一定期間を過ぎ、コメント投稿を受け付けていない場合
  • 商品の感想または不具合など、個々に対応する必要がある案件
  • 個々の記事に関係のない内容や話題の乱雑な投稿、迷惑なオフトピック
  • その他、投稿時期のAI判別による不正防止と時事的な内容に抵触する場合など