アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

USB(Type-C)の穴を塞ぐキャップ

Type-Cポートキャップ

INFO CATEGORY MOBILE

スマートフォンやタブレット端末などの充電端子となるUSB(Type-C)の端子穴を保護する「Type-C CHARGING PORT CAP」は、現在商品化(販売開始)に向けて生産を開始しております。

製品はアルミバンパーなどと組み合わせてご利用いただくだけでなく、単品でも機能性を併せ持った設計・デザインとなっております。

アルミビレットのアウターに樹脂素材を組み合わせており、装着構造は樹脂部の反発力により差し込み後はジャック内に密着して保持します。

バンパーと組み合わせたType-Cポートの保護キャップ
Type-Cポートの保護キャップを商品化(製品装着イメージ)

発売開始時期は最短で4月末頃になるような現時点のスケジュールです。

ゴールデンウィーク前に販売開始できるよう目標を立ててはおりますが、あくまでも順調に進んだ場合のスケジューリングになりますので、遅れてしまう(ゴールデンウィーク後の販売開始となる)場合もございます。

商品の詳細については専用商品サイトでご覧いただくようになりまして、現在商品サイトの製作にも入っております。

製品版の仕様がほぼ固まってきていますので、商品概要を簡単にご紹介していきます。なお、現時点でカラーラインナップは決まっておりませんが、定番の黒、赤、青系は設定します。

紛失防止用のストラップホールを備えています。

試作品にストラップを通した状態
最終仕様の試作品にストラップを通した状態

こちらの商品の主目的はUSB端子内の保護となりますが、超小型のType-C端子に合わせ、各種ケース類との同時装着を可能にするよう、限られたスペース内に収まるようになりますので製品も超小型サイズとなります。

そのため、取り外した際に紛失しやすい大きさでもあるため、普段から充電時などで抜き差しを繰り返す場合にも紛失しないようにストラップホールを設けました。

ストラップの装着例(参考)

クリアケースやシリコンケース類へ接続する方法
ケース類のストラップホールへ繋げ、外した時の紛失防止

あくまでも本品のストラップホールは製品自身の紛失防止用です。端子内をロックする機構はありませんので、例えば端末(スマホ)を首からぶら下げて利用できるような機能ではありません。

なお、製品版には(両端根付紐の)ストラップ自身も付属になります。製品側のストラップホールも極小ではありますが、細身の紐のストラップでしたら通せるほどです。正確には直径0.6mm前後の紐でしたら通せますが、1mmほどの紐ですと通せません。

直径が太いストラップ紐でも押し込めば通すこと自体は可能ですが、穴の破損につながりますので、付属品のストラップを利用するか、直径で約0.7mm以下のストラップ紐を持つアクセサリーまでとなります。

商品に付属予定の両端根付けストラップ
商品に付属予定の両端根付けストラップ

実際に付属される両端根付ストラップの長さはなどは変更されますが、概ねこのようなデザインのストラップの付属を予定しております。

モバイル向けセットには2種類のロゴデザイン

製品の最も目に入る表面部分にはロゴが印字されます。

2種類のロゴデザインをセット
ロゴの表記違い

そのロゴにはブランドロゴの【alumania】とポートの意味である【USB-C】の2種類のデザインとなり、「モバイル端末用途」として同色ロゴ違いの2種セット品となります。

表記ロゴの違い別の用途としては、

  • 【alumania】表記 → バンパーと同時装着がオススメ
  • 【USB-C】表記 → ケース類を装着されない方にオススメ

ロゴ表記のUSB-Cについては、本来はType-Cが正しいかと思いますが印刷範囲が狭いため小文字も混じってしまうType-CではなくUSB-C表記としました。

小文字の混じったType-C表記ですと若い方には問題ないと思いますが、そろそろ老眼の方には何が記載されているか目を細めても分かりにくいため、少しでも見やすくなる大文字を組み合わせた【USB-C】としています。

【USB-C】表記のみの数個セットも予定

2種類のロゴ表記違いのセット以外に、USB-C表記のみでストラップは付属しないキャップのみの数個セット品も設定予定です。

数個と記載しておりますが、USB-C表記のみの単品4個か5個のです。販売価格についても最終調整中です。

これにより、先ほど紹介していた2種類のロゴセットはストラップ付属になりますが、単品セットはストラップを付属しません。

  1. ロゴ違い2種セット(ストラップ付属
    →スマホ・タブレットなどの端末用
  2. Type-C表記の単品数個セット(ストラップは付属しません
    →自動車の車室内、ご家庭などで利用

2種セット品は希望小売価格800円(税込)前後を予定しており、1個のみの単品設定はありません。

単品(数個)セットの用途として

昨今、USBのType-Cポートを車室内に標準で備えた自動車は多くなっており、今後は当たり前になっていくことと考えられます。

しかしながら、シガーソケットのようにデザイン的に車内のインテリアを崩しやすいものには標準で開閉式のカバー式となっていたりしますが、USB Type-Cの差し込み口の多くは開放的になっています。

60プリウスのフロントセンタークラスター内のUSB2口
60プリウスのフロントセンタークラスターUSB2口

画像は新型60プリウスのフロントセンタークラスター(コンソール)内のUSB-Cポート部になります。充電用と主にデータ通信用の2か所があり、それぞれ開放状態となっています。
また、自動車の場合は後席用やひじ掛けにもなるセンターコンソール内にもUSBポートを持つものもありますので、2個だけでは足りないケースが多くなります。

この用途の場合は付属ストラップは不要になる場合がほとんどのため、「ストラップを付属しない数個セット」の設定を予定しております。

自動車だけでなく、今後増えるであろうご家庭などのType-Cポート各所でも利用しやすいセット品となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

この記事の前後リンク

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

コメントは受け付けていません。

  • 個人情報やプライバシーを侵害するような情報
  • 閲覧される他の方に不快を与えるような内容や他の方に対しての暴力的な言葉や中傷
  • 著作権の侵害・法律や倫理に反する行為
  • 個人的に偏ったご意見や見解、他社を含む商品・サービスの不平や不満
  • 個別記事の初期投稿日から一定期間を過ぎ、コメント投稿を受け付けていない場合
  • 商品の感想または不具合など、個々に対応する必要がある案件
  • 個々の記事に関係のない内容や話題の乱雑な投稿、迷惑なオフトピック
  • その他、投稿時期のAI判別による不正防止と時事的な内容に抵触する場合など