アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

XPERIA10III用バンパーの一次設計が完了

Xperia10IIIバンパー設計

現在開発を開始しております「XPERIA 10 III」用のバンパーは、EDGE LINEシリーズでデザイン化しました。
概ねバンパーの一次設計が完了し、この後に試作品の製作に進んでいきます。

今回の10III用では、アルマニアとしてはXperia10シリーズの中で初めてのバンパーにもなりますので、設計においても1シリーズや5シリーズとは少々勝手が異なってきました。

ボディー形状は歴代モデルと近いものがありますが、注意しなければ点(特に全周の側面形状)も異なったため、設計段階では幾つかの選択肢から最良となるように調整しながら、なんとかまとまった形で一次設計が完了した状態です。

XPERIA10IIIバンパー一次設計フロント
フロント(上面側)の設計イラスト

プロポーション自体はエッジラインデザインソロフィーに準じますので、デザインだけでは何のモデルかまでは分かりにくく、どのモデルでもXperiaは全て同じように見えてしまうかもしれません。

また、こちらのデザイン案イラストだけで違いが気付くものではありませんが、Xperia1IIやXperia5IIのエッジラインバンパーと比べますと側面加工数が増えることになりまして、機能性が追加されました。
10IIIには本体側にGoogleアシスタントキーも搭載されていますのでそちらにもボタンを対応させます。

背面ガードは廃止してスマートさ、快適性をより優先に

XPERIA10IIIバンパー一次設計バック
背面側の設計イラスト

Xperia10IIIは背面側のカメラの突出量が少ないモデルになっています。今回エッジラインバンパーの厚み分でレンズ表面までカバーできる高さで設定できましたので、Xperia1IIやXperia5IIのような背面ガード部分は設けなくて済んでいます。

4箇所の背面ガード(Xperia1Ⅱ)

Xperia1IIバンパーの背面ガード
上下左右4箇所に設置したガード部分(Xperia1II)

この背面ガード部分を設けないことではデザイン面、コスト面などでそれぞれに一長一短があります。
今回、Xperia10IIIでは何より「使いやすさ(快適性)」「スマートさ(無駄をなくす)」を優先することの志向から、背面ガードは無くしたスッキリとしたバンパーデザインとして進めています。

その代わりになるか分かりませんが、Xperia10III専用でバンパー本体側に部分的なカバーを検討しており、お好みによって装着するか取り外しておくかの付属品パーツを予定しております。

ガラスフィルムと背面パネル

XPERIA10IIIバンパー一次設計オプション品

エッジラインのオプション品で定番となりました、ガラスフィルムの「GLASS DEFENDER」及び背面側保護の「BACK DEFENDER」についても合わせて一時設計完了しています。

Xperia10IIIバンパーのオプション予定品

  • GLASS DEFENDER
  • BACK DEFENDER

ユニバーサル品であります、イヤホンジャックキャップ類も同時装着可能なように、イヤホンジャック周りの開口が設けられておりますので、併せてご利用いただけるようになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

NEW ITEM LINK