アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

XPERIA5II用バンパーの一次設計が完了して試作品の製作へ

XPERIA5Ⅱの設計

現在開発中のXPERIA5II用バンパーについては、一次設計が完了して試作製作の準備に取り掛かっています。

XPERIA5II用で新設される「グーグルアシスタントキー用のボタン」は以下のようにバンパー内に収めて、設計状態で整合性が取れた状態になりました。

グーグルアシスタントキー用に新設するXPERIA5IIのボタン
バンパーに新設するグーグルアシスタントキー用ボタン

ボタンとしての飛び出しを抑えて、バンパー側面とほぼ同等の位置にしています。視覚的にボタン位置が「デザインの一部として認識しやすいように」と、ボタン操作として「押し込みやすい」ように、設置部の面取りを大きく広げて指の肉で押せるようなイメージになります。

ボリュームアップとダウンボタンとの比較

XPERIA5II用バンパーに組み込むグーグルアシスタントキー
普段は触らずに済むようにしています。

グーグルボタンの奥側にある、個別のボリュームアップとダウンよりも高さが飛び出していないことが分かると思います。ボタンの部品は同じものを組み込みますが、バンパーのアウトラインで高さ調整しています。

これにより、優先順位と利用頻度も低く想定されるボタンとしてのバンパー設計としています。
位置的に他の部分への影響が少なかったため、デザイン的にも違和感を感じないようなアウトラインに溶け込んだ形にできました。

グーグルアシスタントキーボタン周辺とボトム側との結合部

グーグルアシスタントキー周辺の構造
1Ⅱよりも複雑な構造になってきています。

XPERIA5IIの本体はXPERIA1IIと異なり、曲面形状のため、バンパーの内周もそれに合わせたラウンド形状で加工することになります。この曲面同士を完全に合わせることは最終的にミクロ単位で見れば完全には不可能なため、ポイントを探して部分的に合わせていく作業になります。

一旦、この状態で一次設計は完了し、次に実機に合わせるための試作品の制作に移行していきます。本体との曲面同士の合わせはその際に行っていきます。

ガラスフィルムを最適化

バンパーと同時期の発売がほとんどになっておりましたが、先行してガラスフィルム系をご用意できるように、今回のXPERIA5II用では、バンパー設計段階から並行してガラスフィルムの設計も行っています。

XPERIA5II用のガラスフィルムも同時進行
バンパーと同時装着可能になるガラスフィルム

XPERIA5II用のガラスフィルムでは、斜線が引かれた部分だけが接着できるようになる「部分接着タイプ」になる予定です。全面接着が好まれるのですが、XPERIA5IIには、どうしても左右に隙間が生じてしまうためです。

全面接着でも全周ラウンドに合わせられる製品化は可能ではあるものの、それでも100%ではありません。(そういう意味では最近話題の液状UV硬化ガラスは完全にカバーできるアイテムとしては理想的なものの一つです

しかし、「消耗品として気軽に利用できる、交換できる」製品としては高額になりすぎて、その割には精度が低いものになりがちになってしまうため、操作感と接着性など考慮して部分接着タイプのガラスフィルムを商品化予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

“XPERIA5II用バンパーの一次設計が完了して試作品の製作へ” への2件のフィードバック

  1. ゆま より:

    カメラ部分が守られないので不安です。。

    • alumania より:

      コメントありがとうございます!
      バンパーを装着すればカメラ部分の平置き接触を回避できるような設計になっております。

RECCOMEND ITEMS