アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

ガラスディフェンダーの専用サイトをリニューアルしました

ガラスディフェンダーのサイトリニューアル

スマホディスプレイ保護強化ガラスフィルムの【GLASS DEFENDER】シリーズの商品サイトをこの度リニューアルしました。(リニューアル後もurlは変わりありません)
新サイトは本日より閲覧できるようになっております。

今までのガラスディフェンダーのラインナップモデルはアルミバンパーの商品サイト内にバンパーのモデルごとに掲載してきましたが、単独でも使用できることとや仕様違いのラインナップも今後の可能性としてあることから、「ガラスディフェンダー」として単独商品サイトを構築(リニューアル)する運びとなりました。

リニューアル後のサイト内には掲載モデルがiPhone12、Xperia5Ⅱからとなっております。それ以前のモデルについては掲載を終了としましたので、まだ一部は販売されているものもありますので、取り扱いのあるものについてはアルマニアストアにてご確認ください。

ガラスディフェンダーのリニュアル後の商品サイト
画像クリックでも新サイトにジャンプします。

「ガラスディフェンダー」のシリーズとしては、古くはiPhone6やXperia X Performance時代から始まっておりましたが、バンパーとの同時装着用としてのオプション品扱いが主体となっておりました。

昨今ではガラスフィルムも多種多様となり、安価なところでは100円ショップでも販売されており、それでも十分な性能を持っています。
逆にキャリア直系ショップの3,000円以上するようなガラスフィルムでも翌日には割れてしまったりと、上を見てもキリがないような状況です。
また、ディスプレイ保護アイテムとしてはフィルム系以外でも紫外線を照射して硬化させるようなものも登場しています。

様々な種類を試すのも楽しみの一つではあるものの、選択肢が多くても困ってしまう場合もあります。また、お試し気分とはいえ無駄になってしまう商品であったなら、それもまた効率的ではありません。

そんな中でアルマニアでは「無難でリーズナブルなガラスフィルム」として、どんなタイプでもいずれは割れてしまうガラスフィルムを消耗品として気軽にご利用できるような製品ラインナップを進めて参ります。

アルマニアのガラスフィルムは

  • 適度な厚みで割れにくさを両立する0.3㎜前後のガラスを使用
  • 不純物を減らすため特殊効果を持たない純透明ガラスを選択
  • 次元的には2.5Dが中心(モデルにより変化させます)
  • モデルごとに通常のガラスフィルムとしてご利用いただけるサイズ
  • バンパーとの同時装着も可能

上記特徴は聞かれやすい主な特徴だけを抜粋しております。ガラスフィルムは製品としては単純なものの、各社で細かい点の仕様が全く異なります。詳しくはリニューアル後の商品サイトもご覧ください。現状でも記載できていない、説明できない部分もありますので、順次加筆も行っていきます。

現状では画面保護アクセサリーの中では、やはり良好な操作性と装着時に違和感が生じにくいガラス素材がベストではないかと考えております。

今後の新型モデル用リリース時期について

ガラスディフェンダーのパッケージ
パッケージは共通仕様になります。

従来のガラスディフェンダーはバンパーのオプション品扱いを主体としておりましたので、新型モデルでもリリース時期はバンパー発売の少し前か同時期発売となっておりましたが、今後のモデルでは大半を本体発売開始後に実機確認してから早々に販売を開始してまいります。
但し、適合対象モデルについてはバンパー制作の対象モデルが中心になります。

どうしてもアルミバンパーの開発にはお時間がかかりますので、まずはディスプレイ保護だけでも先にできるように発売開始を早めることに致します。

従来はバンパーが完成してからそれに合わせてガラスフィルムの設計を行っておりましたが、今後はガラスフィルムを先に設計してからそれにバンパーを合わせるようなイメージです。(正確にはバンパー設計が中心になっています)

XPERIA10III、XPERIA1IIIがまもなく販売開始になります。

XPERIA10III用のガラスディフェンダーの試作品を装着
XPERIA10III用の試作品装着

XPERIA10III(SO-52B,SOG04)は本体の発売日からは、まもなく1か月近くが経とうとしておりますが、来週早々には「GLASS DEFENDER for Xperia 10 III」の発売を開始予定です。

一方、XPERIA1III(SO-51B,SOG03)用も来週後半頃の発売開始を予定しております。こちらは本体発売開始後2週間足らずでガラスディフェンダーの発売開始が可能となりそうです。

1 IIIと10 IIIは一緒の生産ラインで生産を行うために、10 III用は1 III待ちになっていたためです。

巷にはスマホの新型モデルが発売される前から対象するガラスフィルムは販売開始されているものも多いです。
大半は問題無いとは思われますが中には微妙にサイズが合わないものや、貼り付けがうまくできないものも存在しますので、若干信用性には欠けますのでご注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をシェアする

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。

NEW ITEM LINK