Loading...
Now Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

注目モデルはやはりXRに集中しそうです。

iPhoneXR/Xs/X ★Blog(ブログ)

プロダクトレッドもラインナップ

新型iPhoneの発表でXs,XsMAX,XRと3種類となるXシリーズ。この中で中心的になりそうなのがXRとの大方の予想になっております。XRが廉価版と言われてしまいますが価格面で相対してのことではありますが、カラーラインナップや性能面においてもアップル側でも中心モデルに位置付けている感覚もあります。

プロダクトレッドもラインナップ

過去には後からの設定となっていたPRODUCT REDもXRには既にラインナップ上にありまして、今回の新型Xシリーズでは全体構成がapple Watchと同等なグレード構成に持ってきていることも、より分かりやすくなった面もあります。

新型iPhoneが発表となりました。

★Blog(ブログ)

2018iPhoneシリーズは3種類

新型のiPhoneが発表となりまして、Xsタイプが大きさ違いで2種類、廉価版のXRが1種類の合計3種類、事前の情報通りのかたちで発表となっております。

2018iPhoneシリーズは3種類

この中では個人的にはiPhoneXRを選びそうになります。Xsシリーズの価格分に対する機能性メリットが感じられない点ではあります。Xsシリーズの価格差の大きな点では恐らく「有機EL」であることからのコスト面だと考えられ、XRの解像度が少ない点は差別化のためかと思われます。
有機ELディスプレイはその様々なメリットから今後主流になる方向ではあっても、まだ供給も含めて完全に主流になることは難しく、好みもありますが現段階でも液晶ディスプレイで十分すぎるほど綺麗に表示します。
こういった表で並べて比較されると解像度の低さに少し懸念されるかもしれませんが、そもそもXRの1792×828という解像度は、今では一般的なテレビで最低レベルくらいになったフルHD(1920×1080)に匹敵します。一方、iPhone8の解像度は1334×750でありますから、やはり十分であります。

新型iPhoneが今夜明らかになります。

★Blog(ブログ)

日本時間9月13日のAM3:00からのアップルスペシャルイベント

巷で噂されているとおり3種類の新型iPhoneが登場すると思われる発表会の「アップルスペシャルイベント」が本日の深夜にあります。以前のような盛り上がりは低いと予想されまして、なかなかスマホの革新さは薄れてしまったのが現状になっています。

アップルスペシャルイベント

アップル系で言えばiPhone6からの熟成させてる感だけのような状態になっているのも事実で、新型個々に新たな技術は搭載するものの、その利点からは代替要素ばかりにはなっています。

装飾するだけでイメージが違ってきます。

★Blog(ブログ)

表面の傘部分にディンプル加工を施すと

アルマニアでは、商品に使用されるほとんどのネジがオリジナルで生産されたものになっております。これはネジも商品を構成するデザインの一つであり、商品の全体構成バランスに左右されてしまうので、突き詰めていくとオリジナルになってしまう結果からにもなります。

画像のものは締め付けが強く必要なのですがネジ系が小さいほうなので六角穴とし、結合面は大きく必要な部分に使用されるため、ちょうど傘の部分が間延びしてしまいます。そこに機能性はないもののディンプルを放射状に入れて単体バランスを取っています。

落とすと激しい損傷が予想されるXZ2シリーズ

Xperia_XZ2/XZ2C/XZ2P

落下時のダメージが大きいXZ2シリーズ

賛否両論がある背面が曲面形状のXZ2シリーズ。この背面の膨らみによっては転がりやすく、カメラや指紋認証ボタンがいわゆる背面膨らみの頂上にあることから、iPhoneや他のスマホに比べ、落下時の損傷ダメージは強いのではないか推測されます。

落下時のダメージが大きいXZ2シリーズ

誰もスマホは落としたくないですが、どうしても気が緩んだ時に落としてしまうことはやはりございます。ソフト系のケースは場合によっては本体にまで衝撃や相手物が到達して凹んでしまう場合もあります。もちろんハード系も100%ということはありませんが、概ね本体を無傷で守ってくれます。ただ、金属系のケースやバンパーなどでもコストを抑えるため限りなく薄いバンパーなども見受けられます。そういった商品はさすがに金属素材とはいえ、ほとんど役に立ちません。

< 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >

PAGE to TOP