Loading...
Now Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

アルマニア初となる、グリーンを設定しました!

Xperia_XZ3

アルマニア史上初のグリーン色がXZ3から開始

これまで多くのバンパーに対して、様々なカラー設定がありましたが、実はグリーン系は一切ラインナップしてきませんでした。一言にグリーンといっても、その中でもライムグリーンのような黄色に近い明るい蛍光色のグリーンから、ナチュラルなパステルグリーンもあり、原色から混合比率が高くなる有彩色は選定が難しくなる傾向がございます。

XZ3のフォレストグリーンに合うバンパー

その中でアルミバンパーらしさとアルマイトで表現できるグリーンをこの度、設定しました。多くのお客様よりグリーンのご要望をいただいていたものの、ラインナップしてこなかったのは上記の理由でもありましたが、今回のXZ3の「フォレストグリーン」は比較的近いカラーになったため、本体色に合わせやすいカラーとして今回の設定に踏み切った次第です。
本日よりアルマニアストアにてご注文可能な状態になりましたので、ご案内させていただきます。

XZ3用エッジライン、受注開始のお知らせ

Xperia_XZ3 在庫・欠品・入荷情報

XZ3用エッジライン、受注開始のお知らせ

大変長らくお待たせして申し訳ございませんでした。いよいよ、XZ3用エッジラインの受注を、本日の16時頃から開始させていただきます。本日からのご注文ではブラックとレッドのみになりまして、発送開始は翌日(木)のご注文扱いで翌々日(金)からとなりますので、予めご了承ください。

アルマニアストアXZ3用エッジライン

現在アルマニアストアの準備を行っておりますので、未表示となっておりますが、15時以降に表示を開始できる見込みです。その後再確認を行い16時前後からご注文が可能になります。お時間が掛かってしまっており、ご迷惑をおかけしております。
なお、その他のカラーでは現在のところパープルとシルバー、それから、アルマニアでは初となるグリーン系を予定しておりますが、これらについては4月以降となりますので、もうしばらくお待ちください。

XZ3用の商品ページを作成中です。

Xperia_XZ3

XZ3用の商品ページを作成中です。

現在販売開始準備中のXZ3用エッジラインですが、商品ページをアップする準備を行っております。本日中にはアップできるかと思いますので、夜には御覧いただける状態になる予定です。デザイン的にはエッジラインデザインを継承していますので、商品ページの方も流してみますと変化は少ないのかもしれませんが、細かい部分が色々とXZ3では変化しているため、時間がかかってしまいっています。

XZ3用の商品ページを作成中です。

ご注文開始は明日の3月28日を予定しており、開始時間は午後になり準備が整い次第開始したいと考えております。明日の受注開始分ではブラックとレッドのみにはなりますが、最近の傾向から売り切れになることは想定されていませんので、どうぞご安心いただきたいとは思います。

XZ3の加工冶具

Xperia_XZ3

XZ3用の加工には3っつの冶具が用いられています。

現在生産中のXZ3用エッジラインについては、当初の予定では3月中旬発売開始を目指しておりましたが、もう少しお時間がかかりまして3月末頃、もう少し正確には来週の中旬頃には発売開始予定となります。遅くなりまして大変申し訳ございません。

XZ3用の加工冶具

XZ3用ではバンパーができるだけサイドセンス操作を妨げないように画面側に立体加工を施します。そのために加工冶具は通常2種類で生産するようにしていたものが、XZ3では3種類の加工冶具を必要としています。これにより加工時間もセット手間も増加して想定以上に時間を要してしまいました。
発売は順次完成カラーからとなりますが、ブラックとレッドあたりが発売開始時の完成色になりそうです。

ダブルアングルビレットスタンドが販売を再開しました。

在庫・欠品・入荷情報

ダブルアングルビレットスタンドが販売を再開しました。

お客様のご要望により、スマートフォンスタンドとしてご利用できる、全て削り出しで仕上げられた「ダブルアングルビレットスタンド」が復活となりました。お問い合わせいただきましたお客様には大変長らくお待たせしてしまいました。今回、ブラックとレッドのみになりますが、アルマニアストアでご注文可能な状態になっております。

スマホスタンドアルミビレット

こちらのスタンドは当初の設計時には、現在主流のスマートフォンサイズよりも小さいiPhone5などに合わせているため、どんなモデルでもご利用はいただけます。しかしながら、モデルによってはスタンドの爪の部分が、狭縁化されたスマホのディスプレイに一部被って見える場合もあります。用途や角度にもよりますので、そういう場合もありますというだけのお知らせになります。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

PAGE to TOP