Loading...
Now Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

ビレットで仕上げるエアバルブキャップの違い

AIR VALVE CAP

まもなく登場予定のフルビレットエアバルブキャップを一般的な純正部品と並べています。純正品は下に向かってテーパーが付いてしまい広がっていることが分かるかと思います。これは、内部のネジをつくる際に広がってしまうのが原因です。肉厚も薄く、軽量に仕上げるためではありますが、材料を切り出した感が強いものになっています。

180131

もちろん、用途上は内部のパッキンによって問題が生じるものではありませんが、単体で見ると少し精度感がありません。側面もヘアラインとは言えない押し出し材の跡が無数に残ってしまっています。

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP