Loading...
Now Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

8PLUS用エッジラインの試作品が完成

iPhone 8/7/6S/6/-PLUS

iPhone8プラス用エッジラインの試作品が完成しました。現在開発進行中のモデルとしては最終となり、やっと全てのモデルの試作品が完成した状態となります。両サイドにクレーターを設けていますので、8プラス用のみの特権仕様と申しますか、特徴になっております。

171220

こちらも、詳細を確認しながら生産に移る段階となりますが、年内の販売開始はとても間に合わず、来年からの販売開始予定となってしまいます。まだまだお時間がかかってしまいますが、より良い商品に感動を味わっていたただきたく、精一杯努めて参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

« »

“8PLUS用エッジラインの試作品が完成” への2件のフィードバック

  1. さかな より:

    相変わらずストラップホールの位置の件で悩んでます。
    ネックストラップを使って胸ポケットに収めているもんで、ストラップホールが下部側に無いとFeliCaが使いにくいんですよ。

    四隅の穴に通せるシャックルとかでも良いから何か無いですかねぇ・・・。
    こちらでもM2のシャックルを探してはいるんですが、唯一見つけたモノだとシャックルその物が小さすぎて役に立たず、ちょうど良いサイズだとシャフトの径が太すぎて穴に入らず手詰まり状態です。

    他社のバンパーも探してますがデザインが気に入らなかったり、ストラップホールが下部に無かったり、そもそもストラップホールその物が無かったりでどうにもなりません。
    ここまでストラップホールの位置や使い勝手にこだわるのって少数派なのかな?

    • alumania より:

      以前の商品にはなってしまいますが、ボトム側にベルトがつけられるセンターフックモデルは大変好評でしたので、同じように悩まれる方は少数かもしれませんがいらっしゃると思います。今のモデルは底面にスピーカーと中心には充電接続が来てしまってるので、機能性を加えることが難しいのが現状です。
      ネックストラップを使用する場合、ボトムのセンター位置にストラップホールが最良ですが、バンパー側では難しいので別商品で検討していたことはございます。
      iPhone用当社バンパーであれば、ボトムパーツの左右スピーカー穴とライトニング穴の間が柱になりますので、柱の裏側を丸棒ヤスリで紐が通るように削れば、ちょっとした裏技になるかもしれません。

PAGE to TOP