アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION
2017年 11月 22日

iPhone8PLUS用エッジラインの設計

iPhone 8/7/6S/6/-PLUS

少々遅れ気味になってしまっているiPhone8PLUS用エッジラインの設計が固まってきております。ストラップホールなどの最適化により、両サイドの間延びが目立つようになったこともあり、iPhone6PLUS用で設置していたクレーター加工を追加するようにしています。 171122 iPhone6PLUSの時には、大きな効果ではありませんが、滑り止め用途とラインストーンなどのデコレーションなどに利用していただく目的もありました。このクレーターはバランス的にどうしても4箇所以上設置しないと様々な面でバランスが悪くなり、今のところ設置できる機種はiPhoneのPLUS系のみになってしまいます。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントは受け付けていません。