alumania website Loading...
INFORMATION

2019年 11月 5日

XPERIA5の本体取り込み

XPERIA1,XPERIA5

XPERIA5用に設計準備を開始しています。

発売開始となった秋冬モデルのXPERIA5の本体データをコンピュータ上に取り込み完了して、これからエッジラインの設計を進めてまいります。XPEIA1とサイズ感も近いモデルにはなっているのとボタン位置なども似たような部分への配置のため、少しだけ時間が短縮できたような感覚です。

XPERIA5の本体

デザイン的にもXZ2のような背面の膨らみが無くなり、フラットな本体デザインに戻りました。「挑戦」の意味では賞賛に値しますが、やはり人気は無かったような数値が出てしまっていました。また短期で生産終了となったXPERIA1に対しても事情は色々あるとは思うのですが、立ち位置のハッキリしない状況でした。少し消費者を置き去りにされてしまうようなモデル戦略には否定的ではあります。

“XPERIA5の本体取り込み” への4件のフィードバック

  1. JIN より:

    現有機が限界に達し Xperia 5 を購入してしまいました。
    これまでは貴社のエッジラインが発売されてから本体を購入してきたのですが…
    というわけで,発売を心待ちにしております。
    それまでは納得のいかないケースで我慢の日々です。

    • alumania より:

      コメントありがとうございます!機種変タイミングはその時その時で意図しない時にも訪れますね!
      新型で気持ちもリフレッシュして、新しい機能を発見できる部分も少しは出てくるかもしれません。いずれもバンパーの方は進行中ではございますので、首が長くなって頭が落ちるまでには商品化できるよう頑張ります(^^)

  2. 匿名 より:

    xperia1は生産中止じゃありませんよ。単にドコモ版が一時品薄になったことから流れたデマです。
    5は1のモデルチェンジではありませんし、5の発表時に1と5は並行して販売するとのアナウンスもありました。
    Professional版とか誰得なモデルも出ますし1はまだ暫く息が続きますよ。

    • alumania より:

      お知らせいただきありがとうございます!そうだったんですね!まだまだ続いてもらえると商品を作っている甲斐があります。
      XPERIA1は「1から生まれ変わった、ソニー渾身の新フラッグシップ。」と謳うものの、海外では後継のXZ4なので立ち位置がよく分かりにくくはなっていますね。
      生産終了話は過去のモデルでも沢山ありましたが、真実は担当者しか分かりませんので、まさか!?