Loading...
Now Loading...

Designed by alumania in Japan STOREダイレクトストア

INFORMATION/BLOG

Xperia1の充電規格

XPERIA_1 Xperia_XZ2/XZ2C/XZ2P

QCからPDへ移行してました。

Xperia1の充電性能を確認していたところ、QC出力電源につなげて意外に電圧が上がらず、何故だろう?と確認しておりましたら、Xperia1はPD規格が標準となっておりました。念の為、QC出力を疑ってしまうので、試しにQC対応のXZ2_COMPACTを繋げてみれば、やはり電圧自体は5Vを超えて出力されるので、電源とケーブルに問題はありませんでした。

XPERIA1とXZ2 COMPACTのQC接続比較

「QC」や「PD」が何のことか分かりにくいので整理しますと、これらは充電性能の規格にもなります。
一般的にスマホへの充電はUSB経由で充電しますが、電圧や転送スピードの向上により、USBの形状は変えずに端末側とセットで新たな規格が生まれてきております。でもUSBには限界があるため、今後の主流はType-Cになります。簡単に整理しますと以下のようになります。

・QC(Quick Chargeの略でバージンあり)→給電側「USB(A)」 ※充電器がUSBでスマホがQC対応なら9V程度まで電圧が上がります。
・PD(Power Deliveryの略でバージンあり)→給電側「Type-C」 ※充電器に「Type-C」の出力口が必要

現時点でもスマホの充電電力は15Wもあれば最大急速充電レベルです。電圧と電流を掛け合わせれば電力になります。
今回のXPERIA1はPD対応になっていたため、QC接続しても電圧は5V程度までになり電流を上げていた形になって7W前後の電力になってました。(急速充電とは言えませんが、寝る前充電なら十分なスピードかと思います。)
すっかりQC規格であろうと思っていたのですが、最新モデルだけあってPD対応になっていたのは時代の流れでした。(ワイヤレス充電が非対応なのは残念ですが。。。)

« »

コメントは受け付けていません。

PAGE to TOP