アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION
2018年 6月 4日

エクスペリアのテレビ視聴アンテナケーブル

Xperia_XZ2/XZ2C/XZ2P

XZ2のテレビ視聴用アンテナケーブル付属品

ソニーモバイルのXperia(エクスペリア)のXZ2からは、ヘッドフォンジャックが廃止されております。

そのため、今まではヘッドフォンジャック部に差し込んでテレビを視聴する「アンテナケーブル」は、3.5㎜ヘッドフォンジャックへの接続ケーブルとしても機能が一体化されて、 iPhone7と同じように本体の充電端子(Type-C端子)に接続するものとなっております。

アンテナケーブルはヘッドフォンジャック変換と一体化

変換ケーブルがアンテナと一体化されたため、今までの形状ですと楕円形で大きく、ヘッドフォンと併用できるようにヘッドフォンジャックに挿すものでした。そのため、付属のケーブルを見たときに使い方が「?」になりました。

XPERIAのテレビアンテナケーブル
エクスペリアのテレビ視聴用アンテナケーブル

こちらの新型アンテナケーブルは、本体の底面側のUSB-C(Type-C)端子に差し込みます。

従来のテレビ視聴用アンテナケーブル

従来のアンテナケーブル
今まではヘッドフォンジャックに挿していました

Type-C端子なので、端末の下中心に接続するケーブルはiPhone7からも同じではありますが、iPhone系同様に「充電しながら」が付属ケーブルではできないので、テレビ視聴を長時間見るにはワイヤレス充電スタンドなどに置きながら見ることになりそうです。

充電しながらテレビを視聴する方法

恐らく、テレビ視聴時は充電機能のないアンテナケーブルを挿す必要があり、充電ができないので、当然バッテリー容量が減っていくことになります。

XZ2はワイヤレス充電が可能なモデルとなっておりますので、Qi対応の充電器でワイヤレス充電しながら視聴する方法でバッテリー残量の低下は防げます。

しかしながら、Qi充電(ワイヤレス充電)のスピード(容量)は大きくないので、それでも容量が減っていく可能性も高いですが、それでもバッテリー残量が減るスピードは遅くなります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントは受け付けていません。