アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

ローレットの模様 綾目(アヤメ)と平目(ヒラメ)

INFO CATEGORY DIY (ものづくり)

丸物加工部品の中でも、特にネジ部の側面には「ローレット加工」されているものを目にすることが多々あります。

ローレットは主に2つの模様があります。

ローレットの模様には、「綾目」(アヤメ)と「平目」 (ヒラメ) が多く用いられます。

「ローレット」は旋盤で部品を切削加工する際に用いられる加工方法になります。切削対象物に横からギザギザの工具を当てて模様を付けています。

ローレット模様綾目の表面

この模様の種類は大きく分けて2種類が一般的です。画像のものは×(網)になった集合体が「綾目(アヤメ)」です。これとは別に並列模様の「平目(ヒラメ)」があります。それぞれの特徴は以下の通り。

  • 「綾目(アヤメ)」= クロス模様 ※クロスローレットとも呼ばれる
  • 「平目(ヒラメ)」 = 直線模様 ※ストレートローレットとも呼ばれる

綾目と平目の模様を付けた対象物が同じ程度の大きさだと、どう違って見えるか紹介していきます。

綾目の模様

ローレット綾目の模様
クロスローレットの模様

綾目は90度に交差しながら溝を刻んでいくため、一つ一つの模様が単体ではピラミッド形状になり、そのピラミッドが集合した状態になります。

この溝の深さや幅(1周の刻み数)を調整することで、同じ綾目でも全く異なった印象にも見えてきます。ここは意匠性にも影響してきます。

平目の模様

ローレット平目の模様
ストレートローレット の模様

側面の鉛直方向から溝が切り込まれていきますので、単純な直線のギザギザが出来上がります。こちらの方がよく目にする方法かもしれません。平目の場合は少し意匠性には欠けますが、山のピッチ違いや深さの違いで印象は多少なりとも変わってきます。

ローレット加工するツール

こちらはシングルローラータイプのクロス(綾目)のバイト(表面加工工具)になります。旋盤で加工物の表面に押し当てることで、模様を転造します。綾目加工によく使われるのはダブルローラータイプです。

ローレットホルダー綾目シングル
シングルは薄い模様になる傾向が強い

転造とも言えますが、ダブルローラータイプですと切削していくイメージの方が強くなります。こちらの方が深くまで刻めることができ、油をかけながらゆっくり切り込んでいくことで綾目の一つ一つがピラミッドになっていきます。90度にクロスしている山の刻みによって四角形が作られます。

ローレットホルダー綾目ダブル
刻んでいくダブルローラータイプ

ローレット加工を施す目的

ローレット加工は旋盤加工の時に行われる方法で、丸い棒状の部品に限られます。模様をつけることで、主な目的としては「滑り止め」用途になります。

ローレット綾目の表面
滑り止めとして施されやすいローレット綾目

「模様」ということで意匠性の役割も大きく、オリジナル性のアップにも貢献できる魅力的な加工でもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらシェアしてね!

“ローレットの模様 綾目(アヤメ)と平目(ヒラメ)” への2件のフィードバック

  1. X君 より:

    たしかに。

    緩んでしまうかもしれないですね。

    ネジの色つきは、できないでしょうか?

    • alumania より:

      コメントありがとうございました!ネジはステンレス製のため、あまり色を付けるのは一般的ではないですね。色にもよりますがワンポイント効果も薄れるので今のところは設定する予定はないです!

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

NEW ITEM LINK

おすすめ記事