アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

軽自動車の白ナンバー受付は9月30日まで

軽自動車の白ナンバー

INFO CATEGORY CAR ACCESSORIES

軽自動車検査協会が交付する、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート(図柄入りナンバー)」の受付がまもなく終了となります。

【2020.08.25追記】
令和3年9月30日(木)まで延期されることが決定しました!

「これって軽だよね?」と勘違いされるような、普通自動車と変わらないような軽自動車の白ナンバーは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート(図柄入りナンバー)として交付されていた、寄付金なしのナンバープレートによって実現されていました。

軽自動車の白ナンバー化
寄付金無しは右上に東京オリンピックのロゴのみ

寄付金は1,000円以上で、寄付をしても「寄付金なし」デザインを選べます。

平成29年10月10日から特別仕様ナンバープレート(図柄入りナンバー)の交付が開始され、軽自動車の白ナンバー化が一気に進んだわけですが、残り2か月を切った令和2年9月30日で受付期間は終了します。
(申し込みは9月30日まで、公布は11月30日まで)

この特別仕様ナンバープレートは2種類あり、全面の背景にデザインが入ったものと、右上に小さくオリンピックのロゴが入ったものと2種類になります。いずれも遠目で見たときは、今までの黄色が強い軽自動車のナンバーと比較して、普通乗用車のような白ナンバーに見えます。

特に右上にだけロゴが配置されるだけの”寄付金無し”の特別仕様ナンバープレートは限りなく普通乗用車と同じナンバープレートに見えます。

多くの方はこの寄付金なしを選んで、軽自動車でも白ナンバーになっていましたが、この”寄付金なし”の白ナンバー9月30日までの受付終了後には変更や新規に取得ができなくなります。

オリンピックが現状では延期され、この制度も延長されると予想していたのですが、現時点でも軽自動車検査協会からの延期の案内は無いことから、予定通りに9月30日までの受付で終了になりそうです。

令和3年9月30日(木)まで延期されることが決定しました!

・2020年8月25日
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催延期に伴い、大会開催機運を盛り上げるために交付してきました、特別仕様ナンバープレートの交付期間を1年延長し、あわせて申込期限を1年延長することとなりました

軽自動車検査協会

今後、軽自動車の白ナンバーは取得できなくなる?

白ナンバーデザインの一つであった「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート(図柄入りナンバー)」は2020年9月30日の受付終了後は取得できなくなります。

オリンピックナンバーが選べなくなる
2020年10月からはご当地ナンバーのみが選べる

軽自動車の白ナンバー化の今後の代替案となるご当地ナンバー

現時点(2020年8月6日時点)で軽自動車が選べるナンバープレートは3種類です。

  1. 通常の軽自動車用「黄色ナンバー」
  2. 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様」ナンバープレート
  3. 自治体ごとに異なるデザインの「ご当地ナンバー」

今後の軽自動車の白ナンバー化の代替案としては、各自治体(対象となる市町村)が設定する「ご当地ナンバー」が一つの方法になります。

しかし、現時点で全ての自治体で設定がされているわけではないため、お住まいの地域ではご当地ナンバーがそもそも選べない場合も多々あります。その場合は従来の黄色ナンバーしか選べない状況になります。

ご当地ナンバーは軽自動車用は黄色のふちが付く
軽自動車は全周の縁(ふち)が黄色になる

国土交通省においては、“走る広告塔”としてのナンバープレートの機能に着目し、昨年ラグビーW杯、東京2020オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレートの交付を開始しましたが、いよいよ本年10月頃より地域の風景や観光資源を図柄にした地方版図柄入りナンバープレートの交付を開始します。

国土交通省より引用

ご当地ナンバーすら選べない地域では、黄色ナンバーしか選べないことになります。

将来的には全ての地域でご当地ナンバーが交付されるようになると予想はされますが、現時点でお住まいの地域(登録する地域)にご当地ナンバーが無ければ、新設されるまで待つしかありません。そして、それがいつになるかは分かりません。

ご当地ナンバーが選べても、軽自動車は全周の縁が黄色になる

黄色の縁が付くご当地ナンバー
軽自動車のご当地ナンバーは全周に黄色い縁が付きます

ここで紹介する2020年10月以降の軽自動車の白ナンバー化としてはご当地ナンバーを利用する方法になりますので、軽自動車には「黄色の縁」が付きます。完全な白ナンバーに見えるようなものは、今後選べない可能性が高いです。

【登録車と軽自動車との区分を明確化すべく、軽自動車の図柄入りナンバープレートには、「黄色」の縁取りを施すこととします。】

国土交通省より抜粋

貴重な軽自動車の白ナンバー(オリンピック・寄付金なし)

少しだけ、煽り運転対策にもなっていた気もする、軽自動車の白ナンバー化は「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート(図柄入りナンバー)」の寄付金なしのデザインだけでしか実現できなかった、ある意味貴重なナンバープレートになりそうです。

今はまだ残り期間が少ないですが、完全な白ナンバー化が可能です。それを過ぎれば、軽自動車のナンバープレートはご当地ナンバーを選んでも、寄付金無しの背景デザインは薄いとは言え、自治体ごとで異なる背景デザインと軽自動車には黄色の縁がつき、遠目から見ても軽自動車として簡単に認識可能なナンバープレートしか選べないことになります。

2020年10月以降に取得できる軽自動車のナンバープレート

  • 黄色ナンバー
  • ご当地ナンバー寄付金あり(背景は明るく、全周は黄色)
  • ご当地ナンバー寄付金なし(背景は薄く全周は黄色)

ご当地ナンバーの背景デザインは自治体ごとでこれから決まっていくものもあるため、寄付金あり・なしで違いがあるかはその自治体ごとで異なることが予想されます。
それでも全周の縁(ふち)は黄色で統一され、軽自動車の象徴ともいえる、黄色からはいずれにしても離れられなくなります。

軽自動車の白ナンバー取得方法

現在既に使用している軽自動車または軽自動車の新車・中古車のナンバープレート新規交付で「」が取得できます。しかし、新車の場合は9月30日までに新車登録手続きが必要になるため、今からでは納期1か月半以内または在庫車を狙う方法しかありません。

白ナンバーが交付可能な方法

  • 新車登録時
  • 中古車登録時
  • 既存車輛のナンバーを特別仕様またはご当地に変更する

ナンバープレートは、車輛(車体番号)と対になります。今ある車輛のナンバープレートを、違う車輛に持っていくような方法になる、「ナンバープレートの車輛入れ替え」はできません。

新車・中古車の軽自動車を新たに購入して、現存の白ナンバーを新規の車両に移すことはできないため、申請時に車輛が無ければ取得できませんし、将来購入予定の別の車輛用に先に現存車で取得しておくようなこともできません。

オリンピック・ご当地ナンバーの取得方法

軽自動車の白ナンバー取得方法は以下のようになります。

  1. ウェブサイト「図柄ナンバー申込サービス」(https://www.graphic-number.jp)から自分で申し込む
  2. 軽自動車検査協会の窓口に直接申し込む
  3. ディーラーに依頼する(別途代行手数料が発生)
  4. 近所の自動車整備工場などに依頼する (別途代行手数料が発生)

軽自動車の場合は、「軽自動車検査協会」が管轄しています。普通自動車の車検場となる「運輸支局」とは異なりますので注意してください。

希望ナンバーも選べます。

単に黄色ナンバーを白ナンバーへ交換する方法(ナンバーの番号は変わらない)と、番号を変えること(希望ナンバー)も利用することができます。

  1. 現在のナンバーで申込まれる方法(交換)
  2. 希望ナンバーで申込まれる方(希望ナンバー)

図柄ナンバーには(文字部分だけが光る)「字光式」はありません。

希望ナンバーを選ぶ場合は条件があります。

※図柄ナンバー申込サービスのページからの転用

  1. 新規登録を行う場合
  2. 管轄変更を伴う名義変更(移転登録)または転居による住所変更(変更登録)を行う場合
  3. 現在のナンバープレートが紛失、破損、汚損して番号変更を行う場合
  4. ご当地ナンバーへの番号変更を行う場合

白ナンバーの取得費用

取得費用はその取得する地域によって差があり、概ね7,000円~9,000円の間になります。 自分で申請すれば1万円はかからないほどです。

ディーラーや代行業者に依頼した場合は、代行手数料としてプラス1万円前後が必要になる場合もあります。申請はネットでスマホからでも可能なため、各個人で申請することをお勧めします。

伝説になる軽自動車の白ナンバー
寄付金無し

2021年9月30日(木)まで受け付け期間が延長されました!

国土交通省
【東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
特別仕様ナンバープレートの申込期限の延長】

申請にかかる費用は、今回の「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート(図柄入りナンバー)」でも「ご当地ナンバー」でも同じです。

白ナンバーにして何が変わる?

軽自動車のナンバーを白にしたところで色(デザイン)が変わるだけで、税金が下がるわけでもありませんし、高速料金が上がるわけでもなく、維持費の面からはメリット・デメリットは何一つありません。

白ナンバーになることで「軽自動車が普通自動車のように見える」という効果に対するメリットは人の価値観にもよりますが、取得費用の1万円以上の価値に感じられる方も多いはずです。

また、この白ナンバーは、将来的に「軽自動車が普通自動車のように見える」唯一のプレミアムなナンバープレートになる可能性も高く、今ならまだ取得できますし、個人でも図柄ナンバー申込サービスからネットやスマホで申請できるため、この夏休みに検討と申請をしてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が役に立ったらシェアしてね!

コメントは受け付けていません。

authorization logo alumania

この記事はalumania(アルマニア)のスタッフによって調査・検証して投稿されています。
※無断転載と複製を禁じます。引用可

NEW ITEM LINK

おすすめ記事