アルマニアインフォメーションタイトルイメージ
INFORMATION

フルビレットの証

AIR VALVE CAP

側面も削り出した切削模様

高いものから安いものまで本当に多種多様なエアバルブキャップですが、当社製品はこれほど小さい商品でも、フルビレット(全面切削)で1pcsで加工して仕上げています。側面の円柱方向に対して横縞が見えますが、これがまさに切削している証となります。 エアバルブキャップの側面アップ ここまで仕上げる必要など、エアバルブキャップの機能としては全く必要はありません。しかしながら、こだわり抜いた結果、最終的に行き着いた仕様が今の商品仕様となっております。フルビレットでありながら、内部のバルブコアガイド部分もネジ部のオーバーラップにより加工観点からの常識を覆したものになっています。

この記事が役に立ったらシェアしてね!

コメントは受け付けていません。

RECCOMEND

NEW ITEM LINK